体験談:アメリカ大学進学を目指して4ヵ月のセブ島留学をしたRurikoさん。

> >

cboa-story5

 

セブブルーオーシャンアカデミーに4か月間留学しにきたRurikoさん。日本にある芸術(演劇・ダンス)の専門学校を卒業後、アメリカの大学に進学するために4カ月のセブ島留学へ。将来はブロードウェイのミュージカル界で活躍することが彼女の夢。

 

Cebu Blue Ocean Academyでの留学生活3か月を経過したRurikoさんにe-student代表のりょーたがインタビューをしました!

 

*インタビューは2016年9月に行われたものです

当初は「演劇」のためにアメリカ英語留学に行こうとしていた

cboa-story11

(アメリカ旅行に行った時の写真)

 

―最初から4カ月のフィリピン留学をしようと検討していたんですか?

 

最初はもともとアメリカに語学留学しようとしていました。それで、アメリカ留学エージェントの人に相談しにいったら、提示された金額が200万円以上だったのでそれでまず悩みました。実は以前にニューヨークには旅行で行ったことがあって、それで今も将来もニューヨークにある大学への進学を考えています。

 

将来はブロードウェイのステージに立つことが夢だし、そのためにはアメリカの芸術の大学に入学することが近道なんですよね。だからアカデミックで通用する英語力も必要だし演劇やダンスの勉強もする必要があります。

 

それならニューヨークに英語留学しながら演劇やダンスを学ぶのが良いかもって思うようになって、そういう「英語×習いごと留学」っていうのをエージェントの人から提案されたんです。でも語学留学に4カ月だけで200万円も使えないなとも思いましたし、まずは英語力を身に着けることが一番大事だなと思いました。

 

それで他の選択肢を探していたところ「南国留学」っていう広告を見つけてフィリピン留学の存在を知りました。

 

親のことも考えるとやっぱり費用は安く済む方が良いし、アメリカに行ってよく言われる「遊学」みたいことはしたくないなって。フィリピン留学だと安いしマンツーマンだし、しかも食事とか寮とか色んなサービスも付いているからそっちの方が勉強に集中できるかなって最終的に思いました。そういう経緯でセブ島のCebu Blue Ocean Academyに来ました。

 

―そうですよね。アメリカ留学に行った人の話を聞くと、なんでもかんでも自分でやらないといけない事が多いからあまり勉強できなかったりって聞きます。その点、フィリピン留学はとてもコスパが高いと思いますし、かなり勉強に集中できる環境だと思います。

 

初めての英語留学での苦労

20160919_204159

CBOAで2016年9月に行られたスピーチコンテストに出場した際の写真)

 

―ぼくがCebu Blue Ocean Academyに留学した時は夏休みのピーク時(8月~9月)でしたが、それ以外の時期は、学校の雰囲気はどんな感じでしたか?

 

私は6月頃からCebu Blue Ocean Academyに来たんですけど、その時は日本人が少なくて台湾人・韓国人生徒が多かったです。それで、7・8月頃は親子留学で来ている人が多かったです。それで8月にはいると日本の学生が夏休みで増えてくる感じです。

 

だから最初に来たときはルームメイトもみんな台湾人とかで部屋に戻っても常に英語を使っている状態です。でも英語はもともとできなかったので、ルームメイトの子は英語が話せるのに自分は話せなくて悔しい思いもしました。特に最初の頃は、英語という面で苦労を感じました。

 

―そしたら、もしフィリピン留学しなくていきなりアメリカ留学とかしてたらもっと苦労してたはずですよね…

 

たぶん、そうですね…あっちにいってたらもっと「何で私だけ英語が話せないんだろう」って感じてましたね。だから、次アメリカに行くときは堂々と町を歩けるように、英語力を完璧にしたいんです。

 

―でも留学から3カ月以上たった今では、たくさんの多国籍の友達がいますよね?あとRurikoさんのスピーチコンテストの動画を見ましたが、3カ月間の留学であそこまで英語力が伸びるって凄いと思います。3か月間留学してみてセブブルーオーシャンアカデミーの良いところやセブ島での良い思い出はなにかありますか?

 

セブブルーオーシャンアカデミーでの留学生活

cboa-story7

 

CBOAの先生はバギオ出身の人達が多いんですが、とても教えるのが上手ですし授業も楽しいです。個人的にはセブ出身の先生よりもやりやすいですし好きです。授業の盛り上げ方とか生徒のモチベーションの上げ方に関しても、彼たちはとても優秀だと思います。

 

週末は他の留学生たちと食事に行ったりショッピングしたり旅行に行っています。

cboa-story6

 

平日は友達と一緒にCBOAのカフェで宿題をしたり、ジムに行って体を動かしたりしています。

 

もちろん、最初の1か月間は学校の食事とかフィリピンの食文化に適応するのには苦労しましたが、自分なりに工夫をしていく中で徐々に慣れ今では気にならなくなりました。私は日本から持ってきた「ゆかり」で学校の食事を乗り越えました(笑)

 

―フィリピンが初めての方だったり、フィリピン語学留学が初の人はそういった面で苦労することが多いと思います。もちろん、食事などは個人差があったり学校によって異なりますが、そういった生徒による工夫も長期留学する上ではとても重要ですよね。最後に、今回の4ヵ月のフィリピン留学の経験を生かして、どんな事を今後していきたいですか?

 

はい。日本に帰っても継続的に英語を勉強してアメリカの大学院に入学することです。

 

―応援しています!頑張ってください!そして本日はインタビューのご協力ありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
りょーた
高校生の時に行った2か月間のフィリピン留学でTOEIC900点を取得し、大学2年時にはマニラにあるデ・ラ・サール大学に交換留学する。20才の時に、学生に特化したフィリピン留学エージェント「e-student」を設立。これまでにフィリピンの語学学校を10地域・80校以上視察、3校に留学経験あり(セブ島、イロイロ)。専攻は第二言語習得法。詳しいプロフィール(http://kr-ryota.com/profile)

By

留学経験者に相談してみよう!

「もっと留学のリアルな話が聞きたい」「フィリピンの治安は大丈夫なの?」「相談をしたいけど誰にして良いかわからない」

フィリピン留学に不安はつきもの。そんな時は留学を経験したことがある「先輩たち」に相談してみるのが一番の解決策。10人いる「e-student」のメンバーが親身になってあなたの疑問に答えます!

announceimg

カテゴリー