2ヶ月のフィリピン留学って効果あるの?【口コミ評判】

review-icon

フィリピン留学の効果って本当にあるの?と未経験の方であれば、つい疑問視してしまいますよね。最も一般的な「2ヶ月間」という限られた留学期間で、具体的にどんな学びの成果があるのでしょうか。今回は、2週間・4週間・6週間・8週間毎の効果について、細かく口コミ評判を書いていきます!

前提:留学前の英語力は初級〜中級レベルでした

english-test-icon

今まで英語の勉強と言えば高校、大学入試のための試験勉強がメインでした。わかりやすい資格としては英検準2級とTOEIC550点です。海外旅行での必要最低限は英会話できるというレベル感です。

英語は中学・高校時代は好きだし得意だと思っていたけど、大学でもっと英語が得意な人達に出会ってすこし挫折感のような気持ちを味わい、苦手意識がつきました。

海外旅行などで、違う国の人と話せるのはとても楽しいけれど、深いところまでは言いたいことが言えない、聞き取れないで浅い会話になってしまうのがもどかしくもありました。

そもそも私が留学を決めた理由は、ワーキングホリデーでの仕事の選択肢を増やすためです。日本語しかできないと働けるところは限られていて、さらに足元を見られて最低自給に満たない違法なところもあるという情報を目にし、自分の身は自分で守らなければという危機感が根底にありました。

さらに、英語ができれば時給が高い仕事を選べたり、地元の企業や旅行会社などの興味があるところにチャレンジできます。そのため、留学での成長がそのままワーキングホリデーでの生活レベルに直結すると考えていました。

learn-englsih

そして、日本にいる時から事前学習としてオンライン英会話を毎日1時間、2ヵ月間受講していたんですよね。

なぜなら語学留学の理想の期間は一般的に3ヶ月~と言われていますが、私には時間もお金も十分になかったので、事前に基礎力を上げて少しでも穴埋めしようとオンライン英会話を2ヵ月間ほぼ毎日取り組みました。

オンライン英会話を2ヶ月終えた感想は、意外と英語力が伸びなくてどうしよう、、というものでした。会話で言いたいことの言い方がわからない、単語を知らない、とてもじゃないけれどスラスラペラペラ話すことはできない、、そんな不安とともにフィリピンでの語学留学はスタートしました。

2週間のフィリピン留学は効果あり?口コミ評判

1週間目は生活と授業があるリズムになれることで精一杯でした。毎日6コマのマンツーマン授業と1コマのグループ授業、施設の作りや場所を把握し、外出するにも道や治安など気に掛けることが多かったです。

生徒が日本人がほとんどで、困ったことがあればすぐに聞ける環境なのはとても助かりました。

英語力に関しては、1週間だけでも耳が少し慣れてきたことを感じられました。具体的には、先生の説明・指示・質問を聞き取れずに聞き返す回数が減りました。

単語の意味や質問の意図がわからないときは、聞き返すことで言い回しを変えて説明してくれるので、わかったふりをせずに何度も聞き返せるのはマンツーマン授業のいいところだなと実感しました。

2週間目は、スピーキングで何度も「時制」を直されるので自分が知らなかった弱点に気づくことができました。

今までライティングでは問題なかった簡単な動詞も、スピーキングだと焦っていたり考えがまとまっていない状況で何度もミスをしていました。

弱点を意識しながら、単語ではなく文章で動詞に気をつけて返事をするように取り組んでいました。ゆっくり話しても先生は待ってくれるので、挑戦することができました。

1ヶ月のフィリピン留学は効果あり?口コミ評判

3週間目は、時制のミスが少なくなり、洋楽の歌詞が聞き取れる等成長を感じた時期でした。生活にも慣れ、中だるみせずに気を引き締めてより英語の勉強に集中していきたいと思っていました。

当初、留学期間を1ヶ月で検討していたので、時間があっという間に過ぎることに本当に驚かされました。

4週目は、ライティング授業の成果を感じることができました。長い文章(5段落のエッセイ)を書くことや3~4段落の記事を読むことに、以前ほど精神的な抵抗感がなくなったと感じられました(時間はかかりますが)。

一方、向上したと思っていたリスニング力ですが、Netflixで映画を見た時にあまりにも聞き取れなくてショックを受けました。

たしかに、学校では先生と1対1で話すか、私を含めたノンネイティブ中心のグループでしか話していないので、ネイティブのスピードとはまた違うということを映画を見て気づきました。

それ以降は、ネイティブスピードのものにも触れるように意識して、映画やTEDトークなども取り入れました。

6週間のフィリピン留学は効果あり?口コミ評判

5週目は、スピーキングがすこしですが向上したと感じました。今まで発音をまったく勉強してきませんでした。発音記号に苦手意識があり、理解不能と思っていたからです。

しかし、Face to Face English School(以下,F2Fで表記)にきて発音の授業をうけてみると理解できるようになりました。

実際に発音することが難しい音も、マンツーマンで繰り返し練習するので、とてもためになりました。実際にshの音やaeの音など、最初はできなかった音を作れるようになりました。

発音できることは、これからもっとリスニング力も比例してあがっていくのではないかと期待しています。また、発音の授業では、リンキング、文章で音がつながる、強調されるものなども学び、徐々に良くなっています。

発音はネイティブではないんだからと軽視していたのですが、簡単な単語が発音が悪いせいで伝わらないことを何度も経験し、発音の大切さに気づかされました。

6週目は、プレゼンテーションの授業で2回目のプレゼンを行いました。緊張してしまいましたが、前回よりも強調するところがわかって聞きやすくなった、イントネーションやスピードなど改善点をたくさん挙げてもらえて嬉しかったです。

もっと自信を持って、発音をクリアになど指摘事項ももらえて、相手にどのように伝わるかという視点を客観的に知ることができるいい経験になりました。

2ヶ月のフィリピン留学は効果あり?口コミ評判

7週目は、実はスランプでした。もうすぐ終わりという焦りからか、スピーキングの時に間違えたらいやだな、また、今後間違いを正してもらえなくなるからちゃんとできるようにならないと、と思って自分を追いつめていました。

結果、話すことを恐れて言葉が出てこないことが多かったです。完璧を求めず、間違えるために留学をしている、どんどん間違うという気概が大切だと、改めてお伝えしたいです。

スランプになったら、1人で抱え込まずに友人や先生に相談してみることをおすすめします。具体的な解決策や勉強法、マインドセットなどを教えてくれるでしょう。

8週目は、最終週ということもあり寂しくてなかなか勉強が手につかなかったです。。こんなに寂しいと感じるなんて留学前には思いもしませんでした。それだけ先生や友人に恵まれた、充実した留学生活を送ることができたということだと思います。

授業では、ニュージーランドのワーキングホリデーにむけてレジュメ(CV)の添削や仕事の模擬面接などを手伝ってもらい、準備を進めることができました。

一方で、スピーキングの際の文法のスランプからは抜けきることができず、ライティングのスキルもまだまだ改善していかなければいけないなと課題が残る最後でもありました。

留学して驚いたこと・身になったことは英語学習の方法

english-icon

入試対策の英語学習以外したことがなかったので、海外で生活する・海外で働くための英語とはどのようなものか、英語力が高い人たちはどのようにして英語を習得しているのかということを知れてよかったです。

具体的には、試験対策では必要とされないような出題頻度の低い英単語も知っていて使いこなしているところや、自習の際に声にだして読むことで習得しているところなどを目撃しました。

英語が得意な人ほど一生懸命に勉強している姿をみて、とても刺激を受けました。

フィリピン留学する前には、英語カフェやオンライン英会話で勉強していましたが、勉強と言うよりは会話がメインで自分の知っている範囲でしか発言できず、伸び悩んでいたのでその解決策を知ることができました。

提案「1つくらい自分に負荷をかけて挑戦する」

振り返ってみると、大変だったことほど自分の力になっていると感じます。プレゼンテーションの授業は、準備も大変でしたし、発表してもイントネーションがない、発音が正しくない、自信がなさそうなど、さんざんでしたが←

学ぶことがたくさんありましたし、自分の身についたと思います。1ヶ月目より2ヶ月目の方がはるかに改善していると、プロセスや成長を先生と分かち合えるので、とても嬉しい経験でした。2ヶ月以上留学したほうが伸びを実感できると思います。

結論:2ヶ月間のフィリピン留学では「魚は獲れないけど魚を釣る方法を学ぶことができる」

どういうことかと言うと、期待していたようなペラペラと流暢な英会話力は2ヵ月間で身に付けることは叶いませんでしたが、今まで知らなかった英語の学習方法や考え方を知り、身につけることができました。

これによって、これから先ずっと英語を学んでいく素地を養うことができたのです。ニュージーランドへ行ってからも、そして2年後3年後もずっと英語の勉強というのは続いていくということが納得できました。

F2Fの先生方も幼少期から英語の授業を受けながら今でも英語の勉強を続けていると言っていたことに衝撃を受けて、勤勉さに感動していたのですが、言語の学習に終わりはないということなんだなあと納得しました。

当初のゴールには届きませんでしたが、これからも英語学習を続ける勇気と手段を手にできたので満足しています!また、私はかなり真剣に英語の学習に取り組みましたが、もっと勉強と遊びのバランスを取ることも可能です。

留学ならではの良さは、異文化交流ができることです。フィリピンならではの文化や価値観を知り、日本や自分を再発見するよい機会になります。先生や友人とたくさん遊ぶことも、自分を成長させることができる1つの方法です。

留学の目的に応じてご自身でどのような留学ライフを送るか、可能性は無限大で選択に応じてそれぞれすばらしい留学生活を経験することができます。フィリピン留学検討者にとって、今回の記事が参考になれば幸いです。

関連記事:フィリピン留学の総費用(2ヶ月)を全て公開します

関連記事:2ヶ月間のフィリピン留学でTOEIC900点が取れるって本当?

関連記事

  1. study-toeic2

    ぼくがフィリピン留学でTOEIC900点を取った勉強法【まとめ】

  2. 【フィリピン留学】マンツーマンレッスンの特徴まとめ!

  3. no-anime-icon

    フィリピン留学を親に反対された時の対処法3選【諦めないで】

  4. フィリピン留学のよくあるコースと珍しいコースを解説【7選】

  5. cebu-beach

    セブ留学で日本語を使わずに英語をたくさん話す【4つのコツ】

  6. ESLコースを最大限に有効活用する方法(フィリピン語学学校編)

  7. study-environment

    もはや過保護?フィリピン留学の学習環境が整い過ぎてる件。

  8. avoid-mistake-02

    【必読】フィリピン留学エージェントを通さないと損する4つの理由

  9. mistake-success

    フィリピン留学で「失敗する人」と「成功する人」の違いとは?

  10. おすすめ!フィリピン留学で人気の地域BEST5【まとめ】

  11. tuition-fee-icon

    フィリピン留学の総費用(2ヶ月)を全て公開します【節約術も解説】

  12. palawan-trip

    私が大学を休学してまでフィリピン留学する【3つの理由】

  1. word-of-mouth

    セブ島留学の口コミ評判を4人に聞いてみた!【徹底取材】

    2019.10.06

  2. island-hopping

    セブ島留学でオススメの休日・祝日の過ごしかた4選

    2019.08.12

  3. cebu-ryugaku-icon

    セブ島留学をオススメする7つの理由【経験者が解説】

    2019.08.04

  4. review-icon

    2ヶ月のフィリピン留学って効果あるの?【口コミ評判】

    2019.07.15

  5. clock-on-beach

    2ヶ月間のセブ留学は効果あり?【レビュー公開します】

    2019.07.07

  1. kyugaku-program

    フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

    2017.05.24

  2. baguio-program

    フィリピン観光省インターン×バギオ英語留学プログラム

    2018.05.05

  3. writer-ryugaku-program

    ライター留学プログラム

    2017.05.10

  4. toeic-ryugaku

    TOEIC留学プログラム【900点保証】

    2017.09.14

  5. influencer-ryugaku

    インフルエンサー留学プログラム

    2019.01.25

  1. enderun-icon

    エンデランカレッジ付属学校(Enderun Colleges)

    2018.10.08

  2. gitc-icon

    GITC(イロイロ)

    2017.12.13

  3. BECI(メインキャンパス)

    2017.11.27

  4. beci-the-cafe-icon

    BECI The Cafe(レディースキャンパス)

    2017.11.30

  5. za-uv-campus

    ビサヤ大学付属学校(ZA English)

    2019.01.17

カテゴリー