CIA留学体験談:1年間大学を休学したshotaさん「2カ月間でTOEIC810点を取得」

CIAで2カ月間TOEICコースを受講して、TOEICスコア580点から810点へ「230点アップ」に成功したshotaさんの留学体験談。現在、大学を1年間休学中。

 

名前: Shota

留学期間: 10月28日~12月24

学校名: CIA

コース名: TOEIC guarantee course

 

CIAの特徴はどんなところにありますか?

この学校の特徴はまず他の学校と比べて多国籍なところですね。CIAには韓国人が一番多く、次いで日本人そのほかにも台湾人、ベトナム人、サウジアラビア人、トルコから来ている人もいました。初めてセブシティの学校に行きましたけど、先生たちの人柄がとにかく良かったです。皆明るく、とても優しく接してくれすぐに仲良くなることができました。

あとこの学校は立地がとてもよく便利なところにあります。近くに大きなショッピングセンターがあったり、この学校が立地しているストリートは日本人レストランが特に多く休日の食事などは全く困りませんでしたね。他にもバスターミナルや空港もタクシーで15分~20分で行くことができます。旅行に行ったりするときは本当に便利でした。

 

以前留学していた学校と比較して

留学体験談:セブブルーオーシャンアカデミー

 

以前留学していた学校はCebu Blue Ocean Academy という学校でマクタン島にある学校でした。立地で言えばマクタンは海に面しているリゾート地でとてもリラックスできるところでした。今回二校目に行った学校はセブシティでしたのでマクタンよりもかなり栄えてました。大きなショッピングセンターがたくさんありました。

学校に関していうとCIAはセミスパルタの学校なので前の学校より門限や授業に関してもやや厳しかったです。そしてEOPという校舎内で日本語を話すと罰金があるというシステムがあったので、基本校舎内では英語を話していました。そして、毎朝どのコースも単語テストがありある一定の点数以上をとらないとその日外出できないといった制度もあり本当に英語に専念したい生徒にはもってこいの学校だと思います。大きな自習室も完備してあり活用していました。

 

宿泊施設や食事等はどうでしたか?

宿泊施設は校舎と一体型になっている内部寮と外部ホテル寮が二つ用意されています。ホテルのほうがやはり料金は高いです。私はドミトリーの三人部屋の希望だったんですけれど、運がいいことにドミトリーが埋まっておりホテルのほうにドミトリーの料金で滞在することができました。私が泊まっていたホテルはCIAの向かい側に位置しており、道路を挟んですぐなのでとても便利な立地でしたね。

二人部屋でテレビも設置されておりwifiのつながりもよかったです。ドミトリーは経験していないですが、もしCIAに行きたい方がいたら私は向かい側のホテルをお勧めしますね。食事は正直とてもおいしかったです。前の学校との比較になるんですけれど、前の学校と比べてかなり良かったです。韓国料理や日本料理が生徒に合わせてでるので食事に関しては全く困りませんでした。

 

平日や週末の過ごし方

私が受講したコースはTOEICでした。前の学校はESLコースだったのでスピーキングの特化したコースだったので全く授業が異なり最初は戸惑いました。前の学校ではできるだけ他の国の人と友達を作ることに専念しました。というのもスピーキング力の向上を目標にしていたのでそれを意識して生活していました。

今回はTOEICコースだったので中途半端にはせず割り切ってTOEICだけに集中しようと考えていたので、もちろん他の国の人とも友達になりましたが特別にそういったことを考えずに生活していました。平日はその当日に分からなかった単語の復習に特化して、自分専用のノートを作って勉強していました。

週末はTOEIC本番の週の前の週以外は基本息抜きで友達と旅行に行ったり、日本食レストランに行ったりしていました。セブには有名な観光地がたくさんあるのでとても楽しかったですね。あと自分は取らなかったですが、セブではダイビングライセンスを日本よりかなり安くでとることができるので海が好きな方は土日の休日を使って取得するのもの良いかもしれません。

 

英語力はどの程度向上しましたか?

大学二年の時にTOEIC600点を取り、留学前の三年時に自分の英語力を確かめようと思い受験したら580点に落ちていました。自分は1年間学校を休学しており1年後のTOEICの点数の目標900に設定していました。CIA卒業時は750点の目標でしたが最終的に810点取ることができました。230点伸びて正直とても驚きました。

とにかく自分が思うのはCIAのTOEICの先生方がとても素晴らしかったです。わかりやすいのはもちろんTOEICのテクニックもたくさん教わりました。そしてなにより彼らには実績があります。それを知っているからこそ私は先生方を信頼できたし素直に言われたことを勉強してきました。自己流もいいですけれど、実績のある先生方を信じたほうが何よりの近道だと私は実感しました。

もちろんTOEICコースなのでスピーキングの授業はありません。TOEICスピーキングという授業はありましたが私はリスニングに変更してTOEICの試験に焦点を当てました。スピーキングの授業がない分スピーキング力の向上はあまりこの二か月間で実感することができませんでしたが、先生方と一緒にカフェに行ったり映画を見に行ったりこれまでESLコースで学んだスピーキングを忘れないように自分なりに努力はしました。先生方と仲良くなると、先生と話す機会が増えるということもありスピーキングの練習にもなります。先生たちは本当にフレンドリーなので本当に助かりました。

 

留学を通しての感想や学んだこと

今回で4か月の留学が終了しました。この4か月で英語だけでなく様々なことを学ぶことができました。私は来年就活を控えており、学校で知り合った社会人の方にも就活のアドバイスを頂けたりすることもありました。他の国の友達ができたのも大きな収穫です。生活スタイル、文化、宗教様々な違いはありますがそこから学ぶことは本当に大きく自分の価値観や視野もずいぶんと広げることができました。

もうスタートしていますが次はフィリピンのクラークでインターンシップを日本人学生のマネージャーとして行います。ここにはネイティブの先生方がたくさんいるといった特徴があります。また目標を定め直し最高に充実した半年間にしたいです。

The following two tabs change content below.
しょーた

しょーた

休学プログラムの1期生で4カ月セブ島で留学をした後にクラークで半年間インターンを経験。フィリピンでTOEIC830点を取得、ボスキャリで大手企業から内定をゲットしました。現在は950点を目指しています。サッカー少年で宮崎出身のイケメン。

関連記事

  1. マニラにある語学学校「C21」の留学体験談!

  2. PINESクイサン校の留学体験談:18才のMaoさんがバギオ留学で学んだコト

  3. CIAの日本人留学生にインタビュー「18才で半年間のフィリピン留学を決断」

  4. 故郷バギオを離れセブ島に移住したフィリピン人英語教師にインタビュー【第1弾】

  5. 故郷バギオを離れセブ島に移住したフィリピン人英語教師にインタビュー【第2弾】

  6. GITCの体験談「イロイロは田舎でより勉強に集中できる」

  7. C&Cの留学体験談(イロイロ)

  8. PINESの留学体験談:Neneさん「次は休学してフィリピンで新たな挑戦をしたい」

  9. フィリピンにいる「TOEICの神様」オデに徹底取材!

  10. 【世界のベストアイランド2016】にフィリピンから3カ所もランクイン!

  11. CIAのベテラン講師にTOEICコースが強い秘密を聞いてみた。

  12. 体験談:2回目のフィリピン留学と1年間のワーホリを経験したRyoさん

  1. 国内決定版!フィリピンの大学ランキング【1位~100位】

    2018.04.02

  2. question-icon

    フィリピン大学留学の学費が年間〇万円って本当?徹底検証

    2018.04.01

  3. デラサール大学付属学校の留学体験談「自分の行動で全てが変わる」

    2018.03.26

  4. デラサール大学付属語学学校(マニラ)

    2018.03.25

  5. 「フィリピン大学留学」と「フィリピン英語留学」の違いとは?

    2018.03.19

  1. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

    2017.05.24

  2. ライター留学プログラム

    2017.05.10

  3. フィリピン超短期留学プログラム

    2017.04.07

  4. english-revolution-program

    「フィリピン英語革命」留学プログラム

    2017.01.18

  1. gitc-icon

    GITC(イロイロ)

    2018.03.13

  2. Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

    2016.08.30

  3. BECI

    2017.07.27

  4. GLANT ESL Academy

    2017.05.02

  5. C21

    2016.08.05

カテゴリー