セブ島留学をオススメする7つの理由【経験者が解説】

cebu-ryugaku-icon

留学が昔より身近になり「留学をしたいけどどこの国がいいんだろう?」「セブ島留学って?」そう思う方もいいのではないでしょうか?そこで今回はセブ島留学をオススメする7つの理由について紹介します。ぜひ参考にしてください。

関連記事:リピーター続出!フィリピン英語留学の7つの魅力とは?

セブ島留学が向いてる人と向いていない人

まず最初にセブ島留学が向いている人とそうではない人について述べていきます。実際に留学をする中で、セブ島留学が向いている人と向いていない人がいると感じました。以下で述べていきます。

セブ島留学が向いている人

good-points-icon

セブ島留学が向いているの人にはこんな特徴があります。

  • 英語初心者
  • 会話力に不安がある
  • なるべく費用を抑えたい
  • 短期間の留学へ行きたい
  • 自分の意思をしっかり持てる

まず、セブ島留学ではマンツーマンを受けれるため英語初心者や会話力に不安がある人にオススメです。また、日本人から人気の留学先という事もあり先生も日本人の苦手とする分野を理解してくれています。

人数の多いクラスで発言することは難しいですが、マンツーマン授業なら自分の納得いくまで英語をアウトプットすることができます。また、セブ島留学は費用を抑えつつ最短1週間から行くことも可能です。

長く時間を取れない人でも挑戦しやすいので、忙しいビジネスパーソンにもオススメです。そして自分の意思をしっかり持ち続ける人はセブ島留学に向いています。

セブ島は日本人が多いので、つい日本人とばかりつるんでしまいがちです。それ自体は悪いことでは無いですが、日本語を多く使っていると英語の伸びに影響します。

そんな中しっかりと学ぶ姿勢を保てるということが必要です。

セブ島留学が向いていない人

bad-points-icon

  • 発展途上国の環境に適応できない
  • 長期で時間が取れる英語中級者や上級者

発展途上の環境に慣れることができないとこっちでの生活は難しいでしょう。まだまだインフラが整っていなかったり不便なことは沢山あります。例えば現地の公共バスであるジプニーは窓がなく暑かったり、常にぎゅうぎゅうです。

レジが並んでないのに凄い時間がかかったり、日本って便利だなと感じることはたくさんあります。笑 日本と同じような感覚で生活することは不可能なので、フィリピンの環境に適応することが必要です。

また、長期で時間の取れる英語中上級者は少し物足りないかもしれません。

理由として、先生達はもちろん英語を話せますがネイティブではありません。そして仮に自分の英語力が予想以上に上がったとき、その英語力と同等のレベルの友達を見つけるのはなかなか簡単ではありません。

初心者が留学しやすいというメリットがあるということは、英語初心者が多いということです。そのため生徒でもぺらぺらの人はなかなか居ません。その点で長期でセブ島に滞在すると物足りなく感じる可能性があります。

①マンツーマン授業が受けられる

man2man

セブ島留学の最もオススメできる理由は、格安でマンツーマン授業を受けれる点です。1日に約平均7時間という多くの授業があるので、普段から使う英語量が圧倒的に増えます。

欧米圏の国では基本的にクラス授業で、1日の授業料も比較的少ないです。私の友達が通うオーストラリアの語学学校では、1日3時間のクラス授業で英語をアウトプットする機会が少ないと言っていました。

もちろん学校やコース次第ですし、オーストラリアや欧米圏の学校は多国籍の学生がいるというメリットを持っています。

多くのマンツーマン授業が受けれるメリットがあるとともに、セブ島留学は英語初心者〜中級者に圧倒的にオススメできます。多くの日本人は文法は得意ですがスピーキングになると弱いです。

マンツーマンレッスンでアウトプットをすることで、その弱点をフィリピン留学では克服できます。初めての留学、そして英語をたくさんアウトプットしたい人にオススメです。

②格安で英語留学できる

ph-cost-icon1

セブ島留学は他の国と比べ格安で留学をすることが可能です。滞在費も食費も込みで一ヶ月13万円ほどから留学することが可能で、なるべく費用を抑えて留学したい人にはもってこいの留学先です。

そしてフィリピンは物価も安いので、生活費もそこまでかかりません。例えば外のローカルなお店で夜ご飯を食べれば、一食100〜200円で済ませることが可能です。

フィリピンの最もメジャーな交通手段のジプニーは、平均10ペソ(20円)で移動することができます。タクシーを使った場合も初乗りは40ペソ(約80円)です。一時間ほど乗っても日本円で千円にも達しません。

留学費用が安い上に生活費も抑えることができるので、留学費用を抑えることが可能です。

③日本人生徒が多い

pro-japan-ph-icon

留学先に日本人が多いと聞くとデメリットに感じますが、実はメリットもあるんですよね。日本人が多い事により、語学学校の先生達は日本人特有の弱点や発音、改善すべき点をよく理解してくれています。

日本語にない発音はどうしても難しく、最初はうまく発音できないと思います。日本人に教えることが慣れた先生に教わる事により、効率よく弱点を改善することが可能です。

そして、セブ島留学へ来る人は本当に初心者の人も多くいます。簡単なセンテンスや単語、聞き取りができない、など。そんな時は日本人がいる環境の方が安心できます。

しかし、オススメできる理由であるとともにデメリットでもあることを忘れないようにしましょう。日本人が多いことにより、日本語を話す機会が増えてしまってはデメリットになります。

留学をする際に、英語を使いたいから日本人とは関わらない!と日本人を毛嫌いする意見もあります。正直私も普段は日本人の友達とは一緒にいません。しかし仲が悪いわけではなく、いい距離感での関係が築けています。

留学という目的を忘れずに、日本人同士でもいい関係を築けるようにしましょう。いい関係が築ければ、何か困った時にやはり頼りになるのは同じ国の日本人です。

フィリピンはまだまだ発展途上なので、日本と同じようにいかないことが多々あります。思いもよらない事故や病気にかかり入院することもそんなに珍しいことではありません。

難しい手続きや何か困ったとき、日本人同士で助け合うのが一番伝えやすく理解しやすいです。日本人が留学先に多いことで生じるデメリットはもちろんありますが、メリットもあるのが事実です。

④東南アジアの発展途上国

philippines-flag

フィリピンはまだまだ発展途上国です。日本とは違う点が多くあり、日本では感じることのできない雰囲気や文化、生活スタイルを知ることができます。日本の街中のように発展している部分もあれば、ローカルな場所もあります。

道に犬がたくさん居たり、牛がいたり、雨が降れば道路が洪水することも多々。ローカルな市場に行けば日本ではなかなか目にできない光景を目にすることができます。

日本とは違った視点を見ることで新たな価値観が広がり、新しい考えを得ることができます。そしてフィリピン人の明るさと毎日を楽しむ力は凄いです。

いつでもどこでもフレンドリーに話しかけてくれ、困っていれば助けてくれます。道を歩けばどこからかこんにちは〜と言われます。笑 そして経済発展がすごく、これからすごい楽しみな国です。そんな環境の中で生活することは、貴重な体験になります。

⑤様々な経歴を持つ人と出会える

diversity-icon

様々な経歴を持つ人と出会える事も大きなメリットです。セブ島には学生から社会人、そして家族や定年を迎えてから留学に来ている人がいます。私は学生なので、学生以外の人と多く関わる機会はとても大切にしています。

社会人が多く、海外で働いている人やエンジニア、デザイナーやアパレル、起業者など普段生活している上では出会えない人にたくさん出会えました。学生以外と関わる事で、自分の考えが大きく変わりました。

実際に社会人経験を得ている人の話や経験から学ばせてもらう機会は沢山あります。そして今までのスキルに加え英語力を武器にしてこれから何かをしたいと考えている社会人が多くいます。

そんな人達と知り合える事もセブ島メリットの1つでしょう。

⑥日本との時差が少ない

philippines-flight

日本との時差が少ない点もオススメできる理由の1つです。時差が1時間という微差なので、日常的な連絡やコンタクトを家族や友達、会社と取ることが可能になります。

セブ島ヘ来た際や日本へ帰った時に時差ボケの心配もありません。日本と同じような生活時間で過ごせることでストレスが過度にかかる心配もありません。

また東京からセブ島へは飛行機で約5時間でいけます。この物理的な距離の近さも、欧米留学にはない魅力ですよね。セブ島なら留学中に緊急事態があっても比較的に一時帰国がしやすいです。

日本との時差が少ないことはオススメする理由の1つです。

⑦国民性が明るい

フィリピンで生活していると、日本ではなかなか感じることのできない感情になる時が多々あります。フィリピンの国民性は本当に明るくフレンドリーです。

もちろん人にもよりますし、全員を信じたら危険です。これは日本でも同じですね。けど、フィリピン人の先生から教わる授業はなかなか日本では得られない経験だと思います。

しっかり教えてくれているのに、何故か楽しくて仕方のない授業がいくつもあります。彼等の毎日を楽しもうとする姿勢や明るさから、もっと話したいという気持ちに毎日なります。

楽しみながら英語を学べ、英語を好きになることがフィリピンではできると思います。また、街中や外食している際にもフィリピン人の愉快な面に遭遇します。

そうして過ごしているセブ島が好きになり、国を好きになることでより一層英語学習に対するモチベーションが上がります。

おわりに:充実したセブ島留学をお過ごしください!

いかがでしたか?今回はセブ島留学をオススメする7つの理由について紹介しました。格安で留学できる上にワンツーマンレッスンが受けられるセブ島留学は、英語初心者にとてもオススメです。

そして普段は出会えないような人と出会い異国の地で生活することは、今後のあなたの生活にとって貴重な体験になると思います。関連記事:フィリピン留学で「失敗する人」と「成功する人」の違いとは?

関連記事

  1. iloilo1

    【愛の街】イロイロで英語留学をオススメする4つの理由

  2. セブブルーオーシャンアカデミーの留学体験談(休学生)

  3. CIAの新人TOEIC講師にインタビューしてみた。

  4. 遊学生が教えるフィリピン留学を充実させる7つのコツ

  5. セブ島で親子留学した体験談:「期待以上に満足できた」

  6. no-failure-icon

    フィリピン留学を失敗させないために私が実践している4つのコト

  7. セブ島にあるGLANT(グラント)の短期留学体験談

  8. compare-merits-demerits

    フィリピン長期留学のメリット・デメリットとは?【経験者は語る】

  9. palawan-trip

    私が大学を休学してまでフィリピン留学する【3つの理由】

  10. フィリピン留学のリピーター2人にその理由を聞いてみた!

  11. 故郷バギオを離れセブ島に移住したフィリピン人英語教師にインタビュー【第2弾】

  12. フィリピンの語学学校主催のアクティビティってどんな感じ?セブ島で実際にスピーチコンテストに参加してみた!

  1. island-hopping

    セブ島留学でオススメの休日・祝日の過ごしかた4選

    2019.08.12

  2. cebu-ryugaku-icon

    セブ島留学をオススメする7つの理由【経験者が解説】

    2019.08.04

  3. review-icon

    2ヶ月のフィリピン留学って効果あるの?【口コミ評判】

    2019.07.15

  4. clock-on-beach

    2ヶ月間のセブ留学は効果あり?【レビュー公開します】

    2019.07.07

  5. tuition-fee-icon

    フィリピン留学の総費用(2ヶ月)を全て公開します【節約術も解説】

    2019.07.02

  1. toeic-ryugaku

    TOEIC留学プログラム【900点保証】

    2017.09.14

  2. kyugaku-program

    フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

    2017.05.24

  3. influencer-ryugaku

    インフルエンサー留学プログラム

    2019.01.25

  4. university-program

    【フィリピン大学進学プログラム】

    2019.01.27

  5. writer-ryugaku-program

    ライター留学プログラム

    2017.05.10

  1. gitc-icon

    GITC(イロイロ)

    2017.12.13

  2. palette-school

    PALETTE SCHOOL

    2017.09.30

  3. enderun-icon

    エンデランカレッジ付属学校(Enderun Colleges)

    2018.10.08

  4. BECI(メインキャンパス)

    2017.11.27

  5. セブ医科大学付属学校(CDU ESL Center)

    2017.12.21

カテゴリー