【フィリピン留学】マンツーマンレッスンの特徴まとめ!

 

フィリピン留学の特権と言えばマンツーマンレッスン。これが理由でフィリピン留学を選択する人も多いはず。語学力にもよりますが、スピーキング力・俗に言う「英会話力」を上げたい人には、このマンツーマンレッスンは非常に効果的。その理由を留学経験者が赤裸々に「メリット・デメリット」も踏まえて紹介していきたいと思います。

 

関連記事

ESLコースを最大限に有効活用する方法(フィリピン語学学校編)

 

自分のペースに合わせて授業ができる

一般的な欧米留学だとグループ授業が一般的。授業または他の生徒のレベルと自分のレベルが合わず、授業についていけないというケースもしばしばあると聞きました。それに対して、マンツーマン授業は自分の分からないところをその都度聞くことができるので、英語初心者の方にはぴったり。

 

「自分の分からないところをいちいち止めて聞くのをためらってしまって、なかなか聞けなかった」という話を聞くこともありますが、せっかくのマンツーマン授業なので、講師に遠慮せずになんでも聞くべきだと思います。

 

聞き取れなかったフレーズは、理解できるまで聞きなおすべきです。

 

授業で扱う教材・内容なども、自分の希望によって変更できたりするので、積極的に自分の希望は伝えていくべきです。逆に言うと自分のやりたいことを伝えないといつまでたっても授業内容に変化がなかったりします。

 

中級者程度に英語を使える人は、黙っていると授業のレベルが物足りなくなることがあると思うので、自分で色々と調整しましょう。

 

自分の言いたい表現・話したい内容を準備できる

普段の会話では、聞かれたことや自分の言いたいことをうまく英語で説明できなかったり、知識不足で伝えられなかったりということがありますが、マンツーマンレッスンなのでそこで自分の伝えたい表現を準備する時間があります。

 

僕の場合は授業を止めるのが勿体ないので、伝えられなかった表現・事柄をメモしておいて、次回の授業で改めて説明するようにしています。

 

前回も、天皇制度のことは知識不足でうまく伝えられなかったので自分への課題としたり、日本の歴史についてもある程度知識はあったものの、表現がうまくできずに英語での表現方法を調べ直したりしました。

 

講師から聞かれることは日本のことも多く、そもそも色々な国の外国人が気になっていることだったりします。ここで準備できたことが、外国の友達との普段の会話でも応用できることがあります。

 

関連記事

大学留学で私が実践したオススメのスピーキング勉強法3選

 

講師によって授業レベルに差がある

これはフィリピン留学につきものなのかもしれませんが、講師によって英語レベル・教え方に差があります。質の高い先生の授業は様々な学びがある授業ができたりしますが、質の低い先生の時は正直困ったもの。

 

最近は自分で工夫して、自分が講師役となって様々なことを説明する授業にしています。これはこれで、うまく表現できないことが次々に見つかったりして勉強になります。最悪講師を変えることもできるので、合わないと思ったら講師を変えるべきです。

 

何度も同じフレーズを使う機会がある

様々な英語の先生とマンツーマン授業を繰り返すので、時には一日に似たような質問を聞かれることがあります。それが時には不満に感じることもありますが、多くの場合は回数を経るごとにつっかえることなくスムーズに説明できるようになります。

 

ある意味、同じ質問を受けることが「復習」の役割を果たすわけです。毎日授業をしていれば話すこともなくなってくるかもしれませんが、その場合は他の授業で話したことを、もう一度繰り返してみるのもいいと思います。

 

資格対策には向いてない?

マンツーマンレッスンは、主にはスピーキングに焦点をあてるので、正直このマンツーマンの授業をいくら受けてもそこまでTOEIC・TOFELなどの点数は上がらない気がします。

 

テストにはテスト用の対策方法があると思うので、テストに向けて勉強をしたい人には向いていないでしょう。学校によってはTOEICコースなどもあると聞きましたので、そういったコースを受講するのもありかもしれません。

 

おわりに

英会話能力を上げたい人・フィリピン人と仲良くなりたい人にはぴったりのマンツーマンレッスン。自分の目的が何なのかを明確にして、フィリピン留学に望んでみてはいかがでしょうか。よくアメリカやカナダ、オーストラリアなどに留学する前にフィリピン留学を経験する人がいますが、ある程度フィリピンで英語に慣れてからネイティブの国に飛び立つのは、確かに理に適っている気がします。

The following two tabs change content below.
おび

おび

都内の大学を休学して2年目。2016年度はリオオリンピックを観戦後、ライター活動をしながら南米中心に半年弱の世界放浪へ。17年度、8月から3カ月間のフィリピン留学をスタート。

関連記事

  1. ESLコースを最大限に有効活用する方法(フィリピン語学学校編)

  2. 「バギオ留学」と「セブ島留学」の違いってそんなにあるの?

  3. 「英単語の暗記法」短期記憶から長期記憶へと定着させる11のコツ

  4. 留学生が語る「フィリピン留学前にしておくべき5つのこと」

  5. 英語を勉強する必要がなくなる時代は本当に来るのか?

  6. フィリピン人ハーフ歌手「Bruno Mars」を聴いて英語を勉強しよう!

  7. リピーター続出!フィリピン英語留学の「7つの魅力」とは?

  8. え、マニラに留学するの?治安とか大丈夫なの?【2018年最新】

  9. 休学二年目のぼくがフィリピン留学を決意したワケを3つ書く

  10. おすすめ!フィリピン留学で人気の地域BEST5【まとめ】

  11. 遊学生が教えるフィリピン留学を充実させる7つのコツ

  12. なんでフィリピン人は英語を流暢に話せるの?【インタビュー動画付き】

  1. iloilo1

    【愛の街】イロイロで英語留学をオススメする4つの理由

    2018.05.19

  2. gitc-review.2jpg

    語学学校「GITC」の留学体験談(IELTSコース)

    2018.05.14

  3. gitc-story7

    イロイロにあるGITCの留学体験談(TOEICコース)

    2018.05.13

  4. volunteer-program

    イロイロ英語留学×ボランティア研修inフィリピン

    2018.05.12

  5. baguio-program

    フィリピン観光省インターン×バギオ英語留学プログラム

    2018.05.05

  1. baguio-program

    フィリピン観光省インターン×バギオ英語留学プログラム

    2018.05.05

  2. volunteer-program

    イロイロ英語留学×ボランティア研修inフィリピン

    2018.05.12

  3. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

    2017.05.24

  4. ライター留学プログラム

    2017.05.10

  1. C21

    2016.08.05

  2. GLANT ESL Academy

    2017.05.02

  3. Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

    2016.08.30

  4. gitc-icon

    GITC(イロイロ)

    2018.03.13

  5. CIA

    2016.08.14

カテゴリー