フィリピン語ってなに?現地の言語事情を4分で理解しよう!

>

 

フィリピンの複雑な言語事情がたった4分で分かる!意外と知られていない現地の言葉文化についてご説明します!

 

フィリピンに存在する言語数

 

フィリピンには約110にも及ぶ多様な言語が存在します。その中でも主要な言語とされているのが、タガログ語、セブアノ語、イロカノ語、イロンゴ語、ビコール語、ワライ語、カパンパガン語、パンガシナ語の8つです。

 

タガログ語はマニラ首都圏をはじめ、ルソン島中部や南部の諸州、ミンドロ島などで日常的に使われている言葉です。フィリピンではタガログ語を母語とする人口が最も多く、その数は2200万人を超えます(総人口の約4分の1)。

 

日本人からしてみると「110」という数の言葉が、たった一つの国で存在するということを想像しづらいと思います。しかし、異なる多くの言語が使用されるのには理由があります。フィリピンは7000以上の島々から成り立ち、地域ごとによって多彩な文化や多くの民族が生息しています。

 

スペインやアメリカによって植民地支配も行われた影響で、キリスト教を中心とした様々な宗教も誕生しました。そのようにして、地域の特色、多民族、異文化、異宗教などが、フィリピンの言語事情に大きく影響を与え、多くの言葉を生み出したと言えます。

 

フィリピノ語とタガログ語

 

タガログ語の影響力が分かったところで確認したいのですが、フィリピンには政府から国の言語として認定されているものがあります。実はタガログ語ではなく現地で国語とされているのはフィリピノ語(Filipino)です。

 

フィリピノ語とはフィリピンの国語であり、英語と同様に公用語とされています。タガログ語と何が違うの?とつい疑問に思ってしまいますが、フィリピノ語はタガログ語をベースにつくられた言葉なので、実体的にはそこまで変わりはありません。

 

ほとんど似たような言語なのに、名称を変えたのには訳があります。冒頭にも挙げた「主要な言語」の中にセブアノ語というものがあります。セブアノ語とはセブ島を中心に話されている言葉です。

 

そのセブアノ語の話者人口は、タガログ語のものと同じくらい多かったので、タガログ語を国語として採用すると反発が起きる可能性がありました。その他にも主要な言葉は6つあるので、タガログ語以外の言葉を母語とする人たちの反感を買わないために、配慮された背景があります。

 

国語であるフィリピノ語教育は1970年代から80年代にかけて急速に行われてきました。各地域、個人の教育格差によって程度は異なりますが、今では多くの国民(約90%)が国語を理解することができます。

 

植民地支配が与えた影響

 

フィリピンの言語事情がユニークな点は他にもあります。タガログ語を始めいくつかの現地の言葉には、スペイン語から由来している単語がたくさんあります。スペイン語源の言葉が多く残っているだけではなく、フィリピンでは英語も公用語とされています。

 

その背景には、16世紀後半から20世紀半ばまでスペインとアメリカの統治下にあった歴史があります。この間に、教育機関における言語教育からキリスト教の布教などが積極的に行われてきました。そのようにして、今もなおフィリピンの言葉や宗教には多様性があります。

 

公用語「英語」の役割

 

これまでに現地の言葉事情、外来文化がフィリピンに与えた影響について述べてきました。フィリピンの言語事情に関しては大体のことが理解できたと思いますが、ここでもう一つの公用語である「英語」の立ち位置を確認してみます。

 

国語「フィリピノ語」の普及によって、約90%の国民が共通の言葉を理解することができると先程述べました。そう考えると英語の必要性が本当にあるのかという疑問が浮かんできますよね。アメリカ統治下から解放された現在でも、英語を公用語として使用している理由は主に2つ考えられます。

 

1つは、アメリカ統治時代に徹底した英語教育が行われてきたこと。今もその影響で、大学教育や官公庁、ビジネスの世界では国語よりも英語が使われています。2つめは、グローバル化によって英語の重要性が再び高まったことにあります。

 

英語を武器に海外就労するフィリピン人は多く、現在900万人近くが海外で働いています(総人口のほぼ11%)。さらに、最近ではフィリピン英語留学の需要が高まり、英語の教師として活躍する人もいます。

 

年間当たりのフィリピン留学市場においては、韓国から約10万人、日本から約4万人、アジア諸国、南米、ヨーロッパから多くの生徒が英語を学んでいます。現地で英語を教えている先生が殆どですが、中には日本や韓国、ベトナムなど外国で活躍している教師も少なくありません。

 

フィリピン人はマルチリンガル(複数の言葉を話せる人)がとても多いです。その裏には複雑な言葉事情が絡んでいることが分かったかと思います。国としてかなりユニークな特徴ですよね!

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?文字数から計算すると約3~5分で読み終える内容量でしたが、情報量はかなりあったかと思います。今回の記事によってフィリピンの言語事情についての理解が深まれば幸いです!

 

The following two tabs change content below.
りょーた
高校生の時に行った2か月間のフィリピン留学でTOEIC900点を取得し、大学2年時にはマニラにあるデ・ラ・サール大学に交換留学する。20才の時に、学生に特化したフィリピン留学エージェント「e-student」を設立。これまでにフィリピンの語学学校を10地域・80校以上視察、3校に留学経験あり(セブ島、イロイロ)。専攻は第二言語習得法。

By

留学経験者に相談してみよう!

「もっと留学のリアルな話が聞きたい」「フィリピンの治安は大丈夫なの?」「相談をしたいけど誰にして良いかわからない」 フィリピン留学に不安はつきものですよね。

そんな時は留学を経験したことがある「先輩たち」に相談してみるのが一番の解決策。10人いる「e-student」のメンバーが親身になってあなたの疑問に答えます!お問い合わせはこちらから

announceimg

カテゴリー

サイト内検索