私が大学を休学してまでフィリピン留学する【3つの理由】

palawan-trip

「なぜ大学を休学してまで留学へ行くの?」「どうしてフィリピンなの??」

休学を決め留学へ行くと決まった時、数人に同じことを聞かれました。

休学しなくても大学の制度を利用して留学へは行けるし、留学先としてメジャーな国はアメリカやカナダ、オーストラリアなどでしょうか。そんな中なぜ私が「休学」という選択肢を選び、その期間中に「フィリピン留学をするのか」について書いていきたいと思います。

①旅を通じて学んだ英語の重要性

greenery-path

一人旅を通して、そして旅中に出会った人達から学んだことは沢山あります。初めて海外へ行ったのは高校三年の冬。バックパックを背負い旅を始めたのは大学一年の頃。

沢山の景色を見て、沢山の文化に触れ、沢山考え、沢山の人と出会いました。その頃から今も変わらず、何度も抱く気持ちがあります。

「もっと英語ができれば…」

「伝わらない、悔しい」

どんなに楽しくても、どんなに素敵な出会いがあっても、日本に戻ると毎回この気持ちが浮かびました。もし英語ができればあの人ともっと話せたかもしれない。その出会いが何かにつながったかもしれない。

そんなことを多々思いました。そして、これから更にグローバル化が進んでいく中、英語のスキルはあって当たり前になってくるのではないか、と同時に感じました。

就活という大きな選択がすぐそこまできている中、自分の気持ちと向き合い、再度将来について考えるとやはり留学を諦めたくなかったということが大きな理由の1つです。

もちろん、就活を決めてから留学をすることもできたと思います。しかし、留学を通して自分の興味関心や進みたい分野も変化するかもしれない、進める場所も変わるかもしれない。そして一年様々なことにチャレンジしたい。

そんな思いから休学を決意しました。英語ができたからといって何かを成し遂げられるわけではなく、「英語はあくまでツール」ということを忘れずに学びたいと思います。

②フィリピン留学の授業スタイル

cboa-icon

フィリピン留学を選んだ理由として大きくは2つあります。

  • 費用が安い
  • マンツーマン授業

まず、アメリカやカナダといった国よりフィリピン留学は大きく費用を抑えられることに魅力を感じました。やはりお金との問題は大事ですからね。笑

ただ、「他の国より安いから」という理由だけでフィリピンに決めたわけではありません。もう1つの理由として魅力的だったのがマンツーマン授業主体のカリキュラム。

リーディングやライティングは少しできますが、スピーキング力の低さは常日頃痛感していました。私は2年前にマルタ島へ短期留学しましたが、グループ授業(10人前後)は私にとってなかなかハードだったんです。

もちろん沢山学び大切な思い出が沢山できましたし、圧倒的に日本人が少なかったので学べることが山ほどありました。しかしグループ単位で学ぶか、マンツーマンで学ぶかを選ぶとなった時、圧倒的に後者に惹かれました。

また自分の苦手分野はスピーキングとリスニングなので、それを伸ばすにはマンツーマン授業が最適だと感じたからです。目立たないようにして発言を避ける。そんなことは不可能ですからね。(超日本人的発想 笑)

フィリピンでの一日のスタイルはこんな感じです。

マンツーマン授業が5コマ。

少人数制グループ(3人~4人)が2コマ。

朝(7:00〜)と夜(19:00〜)にオプションクラス(取るかは自由)が2コマあります。一日9コマの授業があり、ルームメイトは台湾人。そのため一日中英語に触れる環境です。

セブ島の語学学校には日本人が多いですが、自分の意識次第で英語を使える環境に身を置けます。ずっと日本人同士で固まり日本語を話していたら、なかなか英語力は伸びないでしょう。

ですが、語学留学に来る日本人が多いフィリピンの環境がよくないというよりは、自分の意識次第だと思っています。

③発展途上国としての魅力と国民性

philippines-flag

もう1つの理由として、「発展途上国で少し生活してみたい」「現地の人ともっと深く関わってみたい」という思いがありました。もちろん数ヶ月で学べることは限られていますが、いつもの旅の中では見えないことも感じて見たかったという理由があります。

その中でフィリピンを選んだ理由は、留学先の学校が多くある、そしてアジアの中でも発展が激しい、という点です。フィリピンの平均年齢は24歳。…若い!笑

街中はまだまだ発展途上ですし、高層ビルが並んでるかと思えばその横にはトタン屋根で貧しい場所があります。しかし、今後この国の発展スピードは物凄いんだろう、と感じています。

そんな環境で生活することで、何かを学び得られる刺激があると思いました。その他にフィリピン留学を選んだ理由として、日本から近く時差が少ないというのも1つの理由です。

そしてフィリピンの人々の優しさが個人的にすごい好きです。笑 授業も常に楽しませてくれ、何か質問があるとしっかり答えてくれます。放課後や休み時間、近くに買い物へ行っても優しさとフレンドリーさが溢れています。

もっと話しがしたい、そんなこともモチベーションの1つになっています。自己管理をしっかりとし、モチベーションをしっかり保つことで語学やその他のこともたくさん学べる場所がフィリピンだと思います。

【PR】e-studentではフィリピン英語留学と海外インターンがセットで経験できる「休学プログラム」を提供しています。無料でインターン先の紹介も行っているのでぜひご応募お待ちしています!

関連記事

  1. 「バギオ留学」と「セブ島留学」の違いってそんなにあるの?

  2. 1年間休学をしてフィリピン留学でTOEIC500点→875点

  3. フィリピンの語学学校主催のアクティビティってどんな感じ?セブ島で実際にスピーチコンテストに参加してみた!

  4. 【フィリピン留学説明会in八王子】を開催しました!

  5. フィリピン留学ライター募集

  6. filipino-gun-icon

    フィリピン留学が治安の問題を解決している理由BEST4

  7. iloilo1

    【愛の街】イロイロで英語留学をオススメする4つの理由

  8. avoid-mistake-02

    フィリピン留学エージェントを通さないと損する4つの理由

  9. mistake-success

    フィリピン留学で「失敗する人」と「成功する人」の違いとは?

  10. compare-merits-demerits

    フィリピン長期留学のメリット・デメリットとは?【経験者は語る】

  11. omg-anime-icon

    フィリピンで0円留学する方法を全部まとめてみた【全暴露】

  12. フィリピン留学で掛かる現地費用、その他費用ってどのくらい?

  1. mistake-success

    フィリピン留学で「失敗する人」と「成功する人」の違いとは?

    2019.05.17

  2. compare-merits-demerits

    フィリピン長期留学のメリット・デメリットとは?【経験者は語る】

    2019.05.14

  3. palawan-trip

    私が大学を休学してまでフィリピン留学する【3つの理由】

    2019.05.11

  4. tagaytay-heights

    タガイタイにあるFace to Faceがオススメな理由4選

    2019.05.05

  5. filipino-volunterring

    Face to Faceで長期インターンしている女子大生に取材!

    2019.04.30

  1. kyugaku-program

    フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

    2017.05.24

  2. volunteer-program

    イロイロ英語留学×ボランティア研修inフィリピン

    2018.05.12

  3. writer-ryugaku-program

    ライター留学プログラム

    2017.05.10

  4. influencer-ryugaku

    インフルエンサー留学プログラム

    2019.01.25

  5. baguio-program

    フィリピン観光省インターン×バギオ英語留学プログラム

    2018.05.05

  1. za-uv-campus

    ビサヤ大学付属学校(ZA English)

    2019.01.17

  2. palette-school

    PALETTE SCHOOL

    2017.09.30

  3. BECI(メインキャンパス)

    2017.11.27

  4. enderun-icon

    エンデランカレッジ付属学校(Enderun Colleges)

    2018.10.08

  5. cboa-icon

    Cebu Blue Ocean Academy

    2016.08.30

カテゴリー