現役大学生がフィリピン留学エージェントを設立した7つの理由

child-pretend-businessman-01

ぼくが20才の時にフィリピン留学エージェントを設立したら、「どうせすぐにやめるんでしょ?」「どうせ他とやること同じでしょ?」「どうせ本気じゃないんでしょ?」と周りから言われたことを今でもよく覚えています。もしもこの7つの理由がなかったら、現役大学生がわざわざ競合の多いフィリピン留学エージェントを絶対やらないです。

関連記事:フィリピン留学で「失敗する人」と「成功する人」の違いとは?

1.フィリピン留学の魅力を広めたいから

convey-message

まず最初の理由はこれです。ぼくが高校生の時に初めてフィリピン留学を経験したことから、「この魅力を日本中に伝えたい!」と本気で思っていました。たったの8週間でTOEICスコアが630点から905点にまで上がったので、「こんなにコスパが良い留学」の価値が知られていないなんて。

そんな想いで帰国してから直ぐにやったことは、個人ブログを通じての情報発信です。当時はまだ2014年だったので、今とは比較できないほどフィリピン留学の認知度は低く、ネットでの情報源もまだまだ少なかったと思います。

しかしそれから約5年経った今では、「①フィリピン留学経験者が圧倒的に増えた②情報発信することのハードルが下がった」この2つの理由から、良くも悪くも情報がたくさん溢れています。そのため、なかには「閲覧数アップを狙うために」偏った情報やフェイク的な記事も多く見かけます。

当時からのピュアな想いで「80校以上の語学学校を歩いて現地視察」してきた僕にしてみると、このような自己利益のためだけにフィリピン留学に悪影響を与える輩は大嫌いです。まあとにかく、僕にできることは「徹底した現地目線からの情報提供」なので、今後もこのスタンスは変えないでやって行こうと思います。

2.業界内で価格競争が起きていたから

price-competition

フィリピン留学エージェントを設立しようと思った2つ目の理由は、業界内ではすでに「安かろう、悪かろう」という価格競争が起こっていたからです。フィリピン留学のことを知れば知るほど、この事がいつも僕の胸に刺さっていました。

じつは韓国のフィリピン留学業界では以前、授業料を法外に安くする「超価格競争」が始まったせいで、大手のエージェントがいくつか破産した事があります。そんな時に損をするのは結局のところ、フィリピン留学を検討している方達です。

近年よくニュースで話題になっている、代理店会社の倒産によって、消費者が多額の損を被るというパターン。それはフィリピン留学業界においても、例外とは言えずもしも留学エージェントが倒産した場合は、利用者に授業料の返金はされず留学に行くことができなくなります。

つまり、一時的に利益を最大化しようと「価格競争」を行っても、最後に行き着くところは「サービスの低下」です。なぜかというと、大部分の予算や経費が広告費に使われるため、肝心の中身である「教育サービス」に投資がされないからです。

3.留学の成功確率をグッと上げたいから

step-by-step-icon

そして、僕はある大事なことに気づきました。たとえ、フィリピン留学の魅力を伝えたとしても、留学に失敗する人が増えたら意味がない。その時に初めて「成功確率を上げる留学エージェントを設立しよう!」と決意しました。でも、もちろんそんな簡単に行くことはなかったですね。

まずは、自分自身がフィリピンと留学業界に対して詳しくなる必要がありました。その当時は大学2年生だったんですが、ちょうど同じタイミングで「マニラの大学に交換留学する」という絶好のチャンスを得ることができたんですよね。

その長期留学を利用して、10人の留学経験者メンバーを集めたり、ひたすら語学学校を訪問したり、海外で活躍する起業家の方達にも会いました。帰国後は、それまでの経験を生かすために「留学の成功確率をグッと上げるには何が必要か?」を考えた結果、この「e-student」が誕生しました。

4.他の留学エージェントが退屈だから

shout-icon

フィリピン留学エージェントを設立した4つめの理由は、「他の留学エージェントがありきたり」だからです。こんなことを言うと失礼かも知れませんが、これは冗談なしで本音なんですよね。星の数ほどフィリピン留学エージェントはあるのに、提供しているサービス内容はどこも同じです。

ぼくは人と全く同じことをするのがとても苦痛なので、あえて今までにはないエージェントを設立しようとずっと考えていました。実のところ「e-student」は日本で唯一、フィリピン英語留学と大学留学に対応しているエージェントです。

これは全然自慢とかではなくて、知り合いの韓国人(語学学校の校長)に確認したところ、フィリピン留学の開拓国である韓国にもないらしいです。そして、他社とあえて差別化するもう一つの理由は、留学検討者の方に存在を知って欲しいから。

フィリピン留学系の情報やエージェントは、本当にうじゃうじゃ存在しています。どこよりも「留学の成功確率をグッと上げられる自信」があるからこそ、どうしても皆さんに気づかれたい。一人でも多くの「留学を実りあるものに」するのが使命です!

5.実りある留学プログラムを提供したい

make-it-possible

「e-student」のミッションである「実りある留学」を提供するために、オリジナルの留学プラグラムを企画&運営しています。最近にリリースした英会話初心者でも海外の大学に進学できる「フィリピン大学進学プログラム」や一番人気の海外インターンと英語留学がセットできる「休学プログラム」など。

これらの他社にはない独自留学プログラムは、留学の成功確率をグッと上げていると「卒業生から評判」があります。何を隠そう「休学プログラム一期生のShotaくん」は、4ヵ月語学留学→6ヵ月インターン→TOEICスコア900点を取得して→単身ボストンキャリアフォーラムに乗り込み→国内の大手IT企業から見事に内定を勝ち取りました。

その他にも、フィリピンの大学付属学校に語学留学→フィリピンの大学に学部留学して→外資大手IT企業から内定を頂いた方など、たくさんの成功ドラマが生まれています。今後は、スポーツ系や芸能関係の留学プログラムもつくってみたいですね。

6.フィリピンのイメージを変えたいから

fly-away-icon

現役大学生がフィリピン留学エージェントを設立した6つめの理由は、「フィリピンに対する偏見」をなくしたかったからです。先述したように、ぼくが初めてフィリピン英語留学をしたのは18才の時でした。海外には家族旅行でグアムに行ったくらいで、ほぼ初海外みたいな状態だったんですよね。

っていう感じで、留学前は正直めちゃくちゃビビってましたよね。笑 とにかく、ぶっちゃけるとフィリピンに対する偏見があったんです。海外によく行かれる方には分かると思うんですが、結局のところ「国の魅力って行ってみないと分からない」ですよね。

それで実際に初めてフィリピンに行ってみると、予想していた10倍以上に現地の人たちが元気でホントに優しくて。南国だから気候も温かくて、みんな心にゆとりがある。とにかく、日本にはない魅力をものすごく感じました。

かれこれ5年前からフィリピンと関わっていますが、留学エージェント業を頑張れる理由は「フィリピンの偏見をなくしたい!」とか「フィリピンのイメージを変えたい!」という、国に対する思い入れがあるからだと思います。

7.フィリピンという国が好きだから

これまでにフィリピンの15地域以上をバックパック1つで旅したり、最終的に3つの語学学校で英語留学したり、2校でインターンを経験してみたりと。いつのまにか大学時代の半分をフィリピンで過ごしていました。そう、気がついたらフィリピンが世界で一番好きな場所になっていたんです。

あの高校生の時に経験した、フィリピンとの衝撃的な出会いがその後の人生を変えるなんて。正直なところ当時からは全く考えられなかったです。フィリピン留学エージェントを設立してからもう少しで丸3年が経ちます。来月には日本の大学を卒業!

そして、、もうお分かりですよね。新卒でフィリピンに移住します!近いうちに現地支店をつくり、より一層サポート体制を強化していきますので今後とも現地密着型のフィリピン留学エージェント「e-student」をよろしくお願い致します🇵🇭

またフィリピン留学検討者の方はぜひこちらの記事「フィリピン留学エージェントを通さないと損する4つの理由」も参考にしてください。つい先日には弊社が「フィリピン留学・セブ留学で評判の良いエージェントBEST3」にも選ばれたので、 ご覧頂けると嬉しいです!

The following two tabs change content below.
りょーた
高校生の時に2か月間のフィリピン留学をしてTOEIC900点をゲット➡デラサール大学に8ヶ月交換留学➡現地密着型のエージェント「e-student」を設立。これまでに現地の学校を15地域・80校以上視察、3校に語学留学、2校でインターンを経験しました。

関連記事

  1. filipino-gun-icon

    フィリピン留学が治安の問題を解決している理由BEST4

  2. フィリピン留学で掛かる現地費用、その他費用ってどのくらい?

  3. toeic-score-icon

    2ヶ月のフィリピン留学でTOEIC900点が取れるって本当?

  4. おすすめ!フィリピン留学で人気の地域BEST5【まとめ】

  5. tuition-fee-icon

    フィリピン留学の総費用(2ヶ月)を全て公開します【節約術も解説】

  6. え、マニラに留学するの?治安とか大丈夫なの?【2018年最新】

  7. review-icon

    2ヶ月のフィリピン留学って効果あるの?【口コミ評判】

  8. no-failure-icon

    フィリピン留学を失敗させないために私が実践している4つのコト

  9. mistake-success

    フィリピン留学で「失敗する人」と「成功する人」の違いとは?

  10. フィリピンの語学学校主催のアクティビティってどんな感じ?セブ島で実際にスピーチコンテストに参加してみた!

  11. clock-on-beach

    2ヶ月間のセブ留学は効果あり?【レビュー公開します】

  12. cebu-beach

    セブ留学で日本語を使わずに英語をたくさん話す【4つのコツ】

  1. word-of-mouth

    セブ島留学の口コミ評判を4人に聞いてみた!【徹底取材】

    2019.10.06

  2. island-hopping

    セブ島留学でオススメの休日・祝日の過ごしかた4選

    2019.08.12

  3. cebu-ryugaku-icon

    セブ島留学をオススメする7つの理由【経験者が解説】

    2019.08.04

  4. review-icon

    2ヶ月のフィリピン留学って効果あるの?【口コミ評判】

    2019.07.15

  5. clock-on-beach

    2ヶ月間のセブ留学は効果あり?【レビュー公開します】

    2019.07.07

  1. writer-ryugaku-program

    ライター留学プログラム

    2017.05.10

  2. kyugaku-program

    フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

    2017.05.24

  3. influencer-ryugaku

    インフルエンサー留学プログラム

    2019.01.25

  4. baguio-program

    フィリピン観光省インターン×バギオ英語留学プログラム

    2018.05.05

  5. university-program

    【フィリピン大学進学プログラム】

    2019.01.27

  1. BECI(メインキャンパス)

    2017.11.27

  2. beci-the-cafe-icon

    BECI The Cafe(レディースキャンパス)

    2017.11.30

  3. セブ医科大学付属学校(CDU ESL Center)

    2017.12.21

  4. cboa-icon

    Cebu Blue Ocean Academy

    2016.08.30

  5. enderun-icon

    エンデランカレッジ付属学校(Enderun Colleges)

    2018.10.08

カテゴリー