留学経験者が教える!PALETTE SCHOOLの7つの魅力

 

社会起業の中心地「GK Enchanted Farm」の中にあるPALETTE SCHOOL。そこには普通のフィリピン留学では経験できないことがたくさんあります。今回はその中から厳選して7つにまとめてみました。

 

e-studentメンバーのしげです。今回は、ぼくが以前に半年ほど留学した「パレットスクール」について書きたいと思います。留学経験者として素直に感じた「学校の良いところ」を7つに分けてご紹介します!

 

先生との距離が近い

PALLETTE SCHOOLの先生はみんな優しく陽気な人たちばかりです。授業では、その人の英語レベルに合わせて指導してくれます。自分が特に重視したい項目を伝えることで、それに有効な授業を考え一緒に取り組んでくれます。

 

また、プライベートでも非常に仲が良く、週末には誕生日会やフェアウェルパーティーなどが催され、先生、スタッフ、生徒で楽しんでいます。時には先生の自宅にお邪魔させてもらったり、一緒に川遊びに行ったりもします。

 

フィリピンの人たちと仲良くなれる

PALLETTE SCHOOLはGKという社会起業の中心地にあり、その敷地内には生活に困っていた貧困層のフィリピン人がたくさん住んでいます。ここで暮らす人たちはみんなとても優しく、また子供たちも多いためバスケットボールなどをして一緒に遊べます。

 

時にはこのコミュニティーの家庭に行って昼食や夕食をご馳走してもらうこともあります。コミュニティーのお母さんの手料理はとても美味しく、そして本当のフィリピンの家庭料理を食べられることは非常に貴重なことです。

 

様々な国籍の人たちとも仲良くなれる

前述のようにPALLETTE SCHOOLはGKの中にあるため、同じ敷地内にはたくさんの社会企業があり、そこには多くの外国人インターンがいます。フランス、アメリカ、オランダ、台湾、チェコなど本当に様々です。

 

やはりそれぞれに独特の英語のアクセントがあり、会話をするだけでも得るものは多いです。フィリピン留学の一つの弱みであるフィリピン英語に慣れ、欧米人の英語が聞き取れないということも解消できます。

 

また彼らはとても陽気な人が多いため夜になると一緒に飲んだりして、楽しい思い出をつくることができます。

 

 

スタディーツアーに参加できる

PALLETTE SCHOOLの大きな特徴の一つです。月に一度くらい開催されるスタディーツアーではマニラ近郊のパヤタス地区を訪れます。ここには大きなゴミ山があり、そのゴミを拾って生活している人がたくさんいます。

 

ツアーでは実際にそこで暮らす家庭を訪れ、お話を聞かせていただけます。また、ツアーの前後にはそれぞれ学習会がありスタッフが発展途上国の貧困問題について丁寧に教えてくれるので、全く知らない人でも一から学ぶことができます。

 

貧困地区の映像はメディアを通じて何度も目にしたことがあると思いますが、実際にその場に行き直接目で見て耳で聞いて、肌でその現状を実感する経験はなかなかできません。

 

 

インターンに参加できる

PALLETTE SCHOOLでは、多くの学生がインターンとして活躍しています。生徒対応やウェブマーケティングが主な仕事です。海外インターンはとても貴重な経験になりますし、また人とは違うことをしているので就活の際にもプラスになるでしょう。

 

また、GKには他にも多くの社会企業があるので、そこでインターンをさせていただくこともできます。そこでは、フィリピン人やフランス人その他多くの外国人が働いているため非常に貴重な経験ができるとともに英語をさらに上達させることができます。

 

 

社会起業家の話をじかに聞ける

GKには多くの社会起業家がいます。その方たちと話す機会はたくさんあります。PALLETTE SCHOOLの企画としても社会起業家またそこで働く人たちにどういった仕事をしているのかインタビューするといったものもあります。

 

彼らは、事業によって社会の課題を解決しようと真剣に日々活動をしています。「なぜ、異国の地で社会貢献を志すのか」そんなディープな質問からカジュアルなことまで、気さくに直に質問ができます。

 

授業で培った英語を実際にアウトプットできる絶好の機会です。また、インタビューだけでなく夜には一緒に飲んで楽しく話すこともできます。

 

自分にあった留学スタイルがとれる

PALLETTE SCHOOLはスパルタ校ではありません。さらに、カリキュラムがオーダーメイド制なので自分のレベルにあった授業が受けられますし、カスタマイズも可能です。ぼくの場合は、文法の授業を減らし発音の授業を多くしていました。このように自分に合ったスタイルで学習できます。

 

また毎週末の金曜日に問診票を記入し、1週間の授業の不満な点や改善してほしい点をスタッフに伝えるという、学習サポートもあります。ぼくは全く英語力0の状態で留学しましたが、安心して順調に英語力を伸ばすことができました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。フィリピン留学にしてフィリピン留学であらずといったことがお分かりいただけたでしょうか。びびっときた方は是非PALLETTE SCHOOLへの留学を検討してみてください。ちなみに、e-studentの代表が書いた「留学エージェントが語るPALETTE SCHOOLの7つの魅力」という記事もあるので、そちらも参考にしてください。

 

The following two tabs change content below.
しげ

しげ

ノリで大学4年時に休学をして半年間のフィリピン留学を経験。留学中は周りから遊学生と揶揄されていました。英語初心者が留学で失敗しないための教訓を与えるためにライターに転身。現在はボラカイ島にて休暇中。関西出身。

関連記事

  1. PINESの留学体験談:Neneさん「次は休学してフィリピンで新たな挑戦をしたい」

  2. 体験談:2回目のフィリピン留学と1年間のワーホリを経験したRyoさん

  3. おすすめ!フィリピン留学で人気の地域BEST5【まとめ】

  4. フィリピン(C&C)にいる「TOEICの神様」オデに徹底取材!オデが留学生に伝えるメッセージとは…

  5. PINESクイサン校の留学体験談:18才のMaoさんがバギオ留学で学んだコト

  6. 体験談:アメリカ大学進学を目指して4ヵ月のセブ島留学をしたRurikoさん。

  1. リピーターが続出!フィリピン英語留学の「7つの魅力」とは?

    2018.01.14

  2. フィリピン留学のよくあるコースと珍しいコースを解説【7選】

    2018.01.08

  3. もはや過保護?フィリピン留学の学習環境が整い過ぎてる件。

    2018.01.07

  4. え、マニラに留学するの?治安とか大丈夫なの?【2018年最新】

    2018.01.05

  5. こんな国からも?フィリピン留学に来る外国人国籍BEST9!

    2017.12.24

カテゴリー

最新!人気の語学学校ランキングBEST3

  1. 1位

    C21

  2. 2位

    BECI

  3. 3位

    GLANT ESL Academy

  1. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

  2. english-revolution-program

    「フィリピン英語革命」留学プログラム

  3. ライター留学プログラム

  4. フィリピン超短期留学プログラム

  1. C21

  2. CIA

  3. Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

  4. BECI

  5. C&C