GITCの体験談「イロイロは田舎でより勉強に集中できる」

 

GITC(旧C&C)に留学したShogoさんの体験談です。英語がほとんどできない状態でESLをコースを受講しました。大阪出身でとてもアクティブな方です。

【8月・2月限定】GITCでボランティア留学をしよう!【PR】

イロイロ留学のキッカケ

きっかけは、一度フィリピンのダバオにボランティアをしに、先輩と団体を作って訪れた事。その時の自分は、全く英語を喋れなかったけど、その先輩は英語が既にペラペラでした。

 

フィリピンに留学したこともあったし、その後ニュージーランドに1年留学に行っていた人だったので。現地で何かあるときは、その先輩が助けてくれたり、交渉してくれました。

 

そんな時に自分は本当に何もできなくて、現地の人が話しかけてくれても、全く返せなかった。それがきっかけで「英語ができるようになりたい」と思い留学を決めました。

 

フィリピンは物価も安いですし、特別なビザの申請も必要ないので、身軽に行くことができました。また欧米やオーストラリアなどと比べても、「3分の1程度の費用で」授業時間も倍以上なので「コスパが凄く良い」です。

 

GITCを選んだ理由

最初は、セブとマニラしかないと思っていましたが、調べるうちにバギオとイロイロのことを知りました。それで「イロイロは田舎でより勉強に集中できる」と考えました。マニラとかセブだと毎日遊んでしまいそうやし。

 

あとその中でも日本人が少ないのがGITCでした。せっかく留学に行くなら、日本人が少ない方が良いし外国人の友達も作りたかったので。実際に来てみて、ほかの学校より全然少ないと思います。国籍の比率的には、韓国、ベトナム、日本、中国、台湾って感じです。

 

関連記事:

 

授業と先生について

GITCのESLコースに関してですが、僕の先生(GITCではTutorと呼びます)は、みんなフレンドリーで勉強する時はたくさんするし、逆にしてない時はいっぱい話しかけてくれます。

 

授業の科目は色々とあって、要望を言えば「自分に合わせた授業を受けることも可能」です。授業は合計で7コマ、4つがマンツーマン、3つがグループクラスとなります。特にマンツーマンだとかなり英語で話せるし、話をうまく振ってくれるから楽しいです。

 

平日は授業が朝から17時まであって、門限が20時までとなります。平日は勉強で忙しくて、ご飯を食べに行くとかしか出来ないけど、金土の夜は門限がないので、一緒に飲みに行ったり、遊んだりしてすぐに仲良くなれます。

 

食事について

(写真はイロイロで有名なシーフード料理)

食事は韓国系で、まずくはないし、めちゃくちゃうまいかって言われたら嘘だけど、普通に「思ってた以上においしい」です。1週間に一回くらいビビンバとかもありますし、ビュッフェ形式だから太っちゃう(笑)でも学校付近に破格のジムがあるので、授業の後よく行きます(1カ月で350ペソ=約700円)。

 

週末の過ごし方

GITCの近くにローカルビーチがあるので、たまにそこに行きます。あとは「ギマラス島」というイロイロでは有名なビーチがあって、1時間半くらいで、なおかつ30ペソとかで行くことができます。そこは「マンゴーが世界1美味しい」らしくて、糖度が物凄く高くて、めっちゃおいしかったです。海も綺麗で良かったので、おすすめです。

 

地元のナイトスポットで有名な「スモールビル」では、バーとかフィリピンレストランなど、留学生たちと遊びに行くならとりあえずそこという感じです。個人的にはフィリピン料理「シシグ」が好きかな。

 

あとは、ガリンファームとチャイナタウンにも行きました。どこに行っても思うことは「イロイロの治安が良い」ということです。タクシーとかも絶対ぼったくらないし。移動手段はタクシーか、慣れてきたらジプニー。ジプニーは7ペソで大体のところいけます。

 

これまで行った中で一番おすすめなのは、やっぱりギマラス島ですね。あとはマッサージやスパなどもフィリピンでなら安くできるので、リフレッシュするのに良いかも知れません。

 

どのくらい英語力は上がった?

最初は英語喋るのに慣れてないのもあったかもしれないけど、本当に何も聞き取れなかった。でも今は「日常英会話ならできるくらいに成長」できました。英語力もそうですけど、会話力というか日本じゃつけれない力もついた気がします。

 

1カ月あったら、日常会話レベルなら誰でも出来るようになると思います。Tutorとも仲良くなれるし、話すことに対して抵抗がなくなる。あとGITCでなら、これは必要ないと思う授業があったら「柔軟にカスタマイズ」することができます。2時間の授業を減らし、計5時間にして、空き時間を自習に充ててる生徒も中にはいました。

 

注意点やアドバイスなど

留学前まで「基礎的な単語や日常で使える表現フレーズ」などの復習をおすすめします。自分は単語とかあんまり覚えてこなくて、最初の1週間は単語の勉強に集中したので無駄にしてしまった感じがします。

 

あと安いとはいっても、タクシー使いすぎると意外と消費してしまうので、早めにジプニー乗れるようになると良いかもです。あと僕はなるべく荷物を少なくしてきました(なんと全部で4キロ!)

 

洋服類や消耗品は現地で安く調達できるので、全然こっちでやっていけるくらいだと思います。女の子は大変かもしれんけど、男ならそれでも全然いける。食べ物とか、合わんとか心配かもしれんけど、どうせ来るならわざわざ日本のもんたくさん持ってこなくてもって思う(短期留学の場合)。

 

あと、緑茶などのティーパックはおすすめです。学校にウオーターサーバーもあるので疲れた時にホッとできます。お金は現地に到着してから両替した方がお得ですよ。僕の場合は、こっちについてから6万円分両替して、sれとキャッシングで2万円ほど引き出しました。

 

最後に一つ思うのは、世界のベストアイランドに何度も選出されたことのある「ボラカイ島」はイロイロにあるので、その旅行プランを念頭にいれた方がいいです。GITCの生徒や先生同士で行くこともあるので、ぜひ一度行ってみてください!

 

関連記事

  1. 体験談:休学してフィリピン留学へ。帰国後、TOEIC920点を取得した楠根さん。

  2. 休学プログラム体験談

  3. gitc-story7

    イロイロにあるGITCの留学体験談(TOEICコース)

  4. セブ島で親子留学した体験談:「期待以上に満足できた」

  5. 体験談:1年間休学をしてフィリピン留学でTOEIC500点から875点にまで上げた鈴木さん。

  6. 体験談:2回目のフィリピン留学と1年間のワーホリを経験したRyoさん

  7. 大学3年生の留学体験談「1回目のセブ島留学と2回目では全く違う」

  8. CIAの日本人留学生にインタビュー「18才で半年間のフィリピン留学を決断」

  9. PINESクイサン校の留学体験談:18才のMaoさんがバギオ留学で学んだコト

  10. おすすめ!フィリピン留学で人気の地域BEST5【まとめ】

  11. 留学経験者が教える!PALETTE SCHOOLの7つの魅力

  12. デラサール大学付属学校の留学体験談「自分の行動で全てが変わる」

  1. tagalog-study

    フィリピン・タガログ語が「全く話せない」時の勉強法4選

    2018.06.06

  2. pro-japan-philippines

    フィリピンが親日国だと実感した瞬間あるある【BEST9】

    2018.06.03

  3. four-reasons

    フィリピン大学留学前に語学学校へ行くべき【4つの理由】

    2018.05.27

  4. iloilo1

    【愛の街】イロイロで英語留学をオススメする4つの理由

    2018.05.19

  5. gitc-review.2jpg

    語学学校「GITC」の留学体験談(IELTSコース)

    2018.05.14

  1. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

    2017.05.24

  2. ライター留学プログラム

    2017.05.10

  3. baguio-program

    フィリピン観光省インターン×バギオ英語留学プログラム

    2018.05.05

  4. volunteer-program

    イロイロ英語留学×ボランティア研修inフィリピン

    2018.05.12

  1. BECI

    2017.07.27

  2. CIA

    2016.08.14

  3. C21

    2016.08.05

  4. Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

    2016.08.30

  5. gitc-icon

    GITC(イロイロ)

    2018.03.13

カテゴリー