遊学生が教えるフィリピン留学を充実させる7つのコツ

>

 

遊学しながら短期間で英語ができるようになった僕が実践した7つのコツをご紹介します。ここでは、遊学を「留学生活を楽しみながら英語を習得する」と定義します。せっかくなら楽しみながら英語を話せるようになりたいですよね。フィリピン留学は1日の授業時間が多いので、たまには息抜きも大切です。

 

パートナーをつくる

最も効果的な方法がパートナーをつくるということです。パートナーとは彼氏/彼女もしくは親友のことです。パートナーが出来れば英語を使う機会は飛躍的に増えます。なぜなら、パートナーは英語を話す理由を作るからです。ここではその際に気をつけていただきたい2点を紹介します。

 

1つ目は、自分よりも英語が上手な人と付き合うことです。これは実際に僕が体験したことですが、フィリピン人は英語力の個人差が非常に大きく、ネイティブ並みの人もいれば全く話せない人もいます。

 

僕の初めの彼女は全く話せないことはないものの、コミュニケーションをとるのにとても苦労しました。欧米留学の場合はこのようなことは起こらないとは思いますが、非ネイティブの人と付き合うときは気をつけたいことですね。

 

2つ目は、日本人同士で付き合わないことです。せっかく留学に来たのに現地で仲良くなった日本人と付き合い、結局日本語でずっと会話してしまい留学を終えてしまったという話は少なくありません。たしかに外国で日本人に会ったときの安心感は半端じゃないですが、そこはぐっとこらえましょう。

 

課外授業を大切に

 課外授業というと聞こえはいいですがつまりはたくさん遊ぼうということです。僕は毎週末、時には授業を休んでまで外出したこともあります。ショッピングモール、美術館、遊園地、旅行、スタディツアー、イベント、バー、クラブなどに赴きたくさんの課外授業をこなしてきました。

 

良く耳にする話が、先生とは上手に会話できるのに初対面の人とはうまくいかないというケースです。これは言語にはその人独自のアクセントがあり、初対面の人と話す時に緊張してしまうからです。だからこそ積極的に外出して遊んで、色んな人が話す英語に触れることは大切だと言えます。

 

外出時は積極的に話しかける

外出した際はせっかくなので多くの人に話しかけるようにしましょう。僕の場合は英語の練習としてショッピングモールの店員に意味もなく話しかけたり、イベントなどで新しい友人を作るように心がけました。

 

ぼくが留学をして間もない頃に友達とボーリングをしたかったので、サービスカウンターでボーリング場の場所を尋ねた時がありました。しかし、何度「ボーリング、ボーリング」と言っても結局伝わりませんでした。

 

どうやらその時はboringと言っていたようで、bowlingと正しく発声できていなかったようです。しかしこれを機に発音の重要性に気づき、早い段階で発音の授業を増やすことができました。このように積極的に話かけることで自分の伝えたいことが相手にしっかり伝わるのか、また相手の返答を聞きとれるのかを把握することができます。

 

Facebookを有効活用する

Facebookは留学生必須のSNSアプリです。日本では連絡手段としてLINEが主流ですが世界的にみるとFacebookやそれに付随するMessengerがメインになります。これらを有効活用することで友達を増やすことができ、また日常的に英語でチャットすることができます。

 

実際、初めの頃は英語でチャットすることは考えるのもタイピングするのも面倒くさかったですが、いまでは日本語でするのと同じような感覚になり習慣となりました。仮に帰国してからでも海外で出会った人たちと気軽に連絡が取れるので、Facebookは活用すべきです。

 

辞書を使わない

えっ?と思われた方がいるかもしれませんが、なるべく会話中は辞書の利用を控えましょう。授業中に先生と話していて伝えたいことがあるけど、その単語が出てこないまたは知らないといった状況はよくあることですよね。でも、このようなときに一度会話を止めて辞書を引いてその単語を伝えるのはナンセンスだと思います。

 

なぜなら、英単語を知らないまたはど忘れするといったことは日常で普通に起こることで、そのつど辞書で調べていると会話は成り立ちません。恥ずかしながら、ぼくは一度シマウマつまりzebraという単語をど忘れたしたことがあります。そのとき僕はすぐに辞書で調べずに、「Ahh…it’s a kind of a horse and it has black and white lines in its body.」というふうに違う表現を使って説明しました。

 

すると先生が「You mean zebra?」と聞き返してくれ、会話も途切れることはなかったです。これは自分の伝えたいことを別の表現を使って説明するという手法です。もちろん授業後には辞書を使ってわからなかった単語をしっかり調べましょう。

 

「話す」のではなく「伝える」意識

日本人の中には、文法などを気にするあまりに完璧な英語を話そうと意識している方が多くいます。実はそれが英語力向上の妨げになってしまっていることがあります。もちろん完璧な英語を流暢に話せることは素晴らしいですし、最終目標にするべきとは思います。

 

しかし初めからそのように話せる人はいませんし、全員初めは上手ではありません。自分の意図を相手にしっかり伝えるためには、その下手な英語をどれだけフルに使い、またジェスチャーなど工夫を凝らすかどうかです。

 

言葉はコミュニケーションをとる一つの手段にすぎないので、深く考えすぎず必死に伝えようとしてみてください。そうすると意外に相手は言いたいことを理解してくれます。そしてその積み重ねがほかならぬ英語が話せるという自信に変わっていきます。

 

非ネイティブであるという自覚をもつ

日本人が英語を流暢に話せない、これは僕たちが非ネイティブである以上当然のことです。それにも関わらず、流暢に話せないから話すのが恥ずかしいと感じてしまっている人はとても多いのではないでしょうか。

 

街に出ると多くの中国人や韓国人に会いますが、彼らの中には英語が流暢でない人もたくさんいます。しかし彼らは自分の持っているスキルをフル活用しとにかく話します。この姿勢こそ英語学習において最も大切な心得と言えるのではないでしょうか。

 

もしこのような理由で英語を話すことに抵抗を感じてしまっているのであれば、自分は非ネイティブだから下手なのは当然だと開き直ってみてください。きっと気持ちが楽になり、今まで以上に会話ができると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はフィリピン留学を充実させる7つのコツをご紹介しました。何でも楽しみながら学習をすれば習得のスピードも早いですよね。ぜひ皆さんにも楽しみながら有意義な留学生活を送っていただきたいです!

 

The following two tabs change content below.
しげ

しげ

ノリで大学4年時に休学をして半年間のフィリピン留学を経験。留学中は周りから遊学生と揶揄されていました。英語初心者が留学で失敗しないための教訓を与えるためにライターに転身。現在はボラカイ島にて休暇中。関西出身。

By

留学経験者に相談してみよう!

「もっと留学のリアルな話が聞きたい」「フィリピンの治安は大丈夫なの?」「相談をしたいけど誰にして良いかわからない」

フィリピン留学に不安はつきもの。そんな時は留学を経験したことがある「先輩たち」に相談してみるのが一番の解決策。10人いる「e-student」のメンバーが親身になってあなたの疑問に答えます!

announceimg

カテゴリー