留学前の英語学習に役立つ【オススメの参考書10選】初級~中級者向け。

>

 

みなさん、こんちにちは!全くの英語初心者の状態から、1年間フィリピンに英語留学しに来たなかじーです。僕は英語初心者からたった半年間のフィリピン留学でTOEIC800点を取得しました。その過程で、50冊以上の参考書を手に取り苦労して学習に励んできた訳です。

 

今回は、そんな僕が教える留学前に絶対買うべき参考書を10冊ご紹介します!

 

英語初級者~中級者向けの、文法書(メイン)、単語集、発音書に分けて1冊づつ解説をしたいと思います。また以下で紹介する参考書は僕がおすすめするだけでなく、留学先(フィリピン)で出会った英語上級者の方々の意見も頂いております。留学経験者あるあるで「留学前にもっと勉強しておけば良かった」と多くの人がそう言います。

 

そうならないためにも、以下の参考書の中から各自のニーズに合ったものを選び、留学前の英語学習に励みましょう!また「フィリピン留学前にしておくべき5つのこと」という記事も書いてみたので、そちらも参考にして下さい。

 

留学生が語る「フィリピン留学前にしておくべき5つのこと」

 

文法編 


grammar-01-1 

 

文法は言語において最も基本的な学習事項になります。「文法なんて知らなくても言語は通じる」と言い張る方もいますが、その方はおそらくエンターテイナーです。文法を知らなければ、会話のセンテンスも正しく組み立てられず、子供向けの洋書も理解できず、もちろん正しく英文法を書くことが出来ません。したがって、留学前に中級以上のグラマーはマスターすることが望ましいです。ここでは6つの文法書をご紹介します。

 

 

Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル Evine 著


Amazon:Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル (Mr. Evine シリーズ)

 

1から英語を始める方にオススメです。中学文法を30日で修了することができます。文法単元ごとに分かれており各パートには練習問題が付いているので学んだことを定着させることができます。この本は説明もわかりやすく、30日で終えることができるので英語初心者の方でも始めやすいです。

英語を学ぶ上で中学文法の基礎は必要不可欠です、中学文法無しにして英語学習は始められません。最低3週すればある程度の中学文法は理解できるようになるでしょう。一億人の英文法やフォレストを始める前にこれから始めた方が後の英語学習の理解度やスピードも早まると思います。ちなみに本著書は、Amazonの英語・カテゴリでベストセラー商品です。

 

 

2 高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。 富岡恵 著


Amazon:高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

 

こちらも初心者の方にオススメです。オーディオファイルが付いておりリスニング・音読をすることも可能です。時制や受動態など文字だけでは理解しづらい部分もイラストが挿入されているので感覚的に学ぶことができます。練習問題も付属されており比較的、薄い一冊になっていますので初心者の方には始めやすいと思います。こちらも同様に最低3週はしたほうが良いと思います。オーディオファイルが付いていますので音読をしながら体感的に文法を学んでいくと良いと思います。

 

 

3 英文法のトリセツ じっくり基礎編  阿川イチヲロ 著


Amazon:英文法のトリセツ—英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編

 

こちらの文法書もオススメです。全3作からなっており、英語初心者の方が理解できない部分や陥りやすい部分をしっかりとまとめあげています。例えば「I like listening to music」という文でなぜ「listen」の後に「to」をつけなければならないのか?という初心者の方が「なんで?」と疑問に思う部分をわかりやすく説明してくれています。

比較的文字が多いですが語り口調で書いてあるのでとても読みやすいです。練習問題も各章にありますのでアウトプットもできます。しかし、全文法単元を網羅しているわけではないので、サブとして持っておいて文法書を勉強していてわからない時や寝る前などに理解を深める為に使うと良いと思います。

 

 

4 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 森沢洋介 著


Amazon:どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

現在、ベストセラーになっている参考書ですね。こちらは実践的に英語を会話で使えるようになる為に瞬間英作文をする一冊になっております。内容は中学文法ですべて補われているので初心者の方でも始めやすいです。オーディオファイルが付いており日本語を聞いて即座に英語に「瞬間英作文」をするというトレーニングをします。個人的にこれはスピーキングスキルに効果的だと思います。

英語初心者の方はどうしても英会話の場面で「日本語→英語」を脳内で英語の変換してしまうのでレスポンスが遅くなってしまいます。この変換の時間をなるべく早め、最終的には「英語→英語」で喋れるようになることに音読を通して体感的に学んでいきます。上記に述べた文法書とセットで勉強することで「インプット→アウトプット」の過程が自分自身でできるようになります。こちらは初心者だけではなく、中級者の方にもオススメできる1冊です。

 

 

5 中学・高校6年分の英作文を総復習する 平山篤 著

Amazon:中学・高校6年分の英作文を総復習する(CDなしバージョン)

 

こちらはライティングの参考書ですね。とはいえ長文を書くわけではなく、比較的短い文章を英作文していきます。自分自身の文法理解を確認する為にも良い1冊かもしれません。高校の単元も載っているので発展した英単語や表現も学ぶことができます。文法の単元や場面ごとに英作文が分かれているので文章の正しい作りかたや実践的な表現を学ぶことができます。個人的にライティングは非常に大切なスキルだと思っております。文章が作れなければ会話の場面でも喋れませんからね。ぜひ、英文法のブレッシュアップの1つとして使ってみてはどうでしょうか。

 

 

6 一億人の英文法 ―すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス) 大西著 ポール・マクベイ 著


Amazon:一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

Amazonの文法・語法カテゴリでベストセラー商品にランクインしている英文法書です。イラストが入っており、詳しい説明も入っているので文法書としては良いものだと思います。

しかし、例文が難しかったり、説明が多すぎるので正直、英語初心者の方にはオススメはしません。練習問題なども付属されていないので個人的には文法の「辞書」として使うことをオススメします。わからない文法などがあった際に確認するものとして持っておくのが良いと思います。文法書としての完成度は高いので英語学習が慣れてきた所でさらに理解を深める為に読むと良いと思います。中級者向け。

 

単語編


words-01-1

 

単語(語彙)も文法と同様に、言語学習において欠かせません。たとえグラマー(文の構造)を知っていても、それを作るための言葉(単語)を知っていなければ、話になりませんよね。なので、文法を勉強していく過程と同じタイミングで単語も学習すると良いかもしれません。語彙習得には終わりがありません。使わないと忘れたり、定期的に復習しないと長期記憶に入りません。だからこそ、単語は楽しく覚えることが大切です。

 

7 DUO3.0   鈴木陽一 著


Amazon:DUO 3.0

有名な英単語帳の1冊ですね。例文が面白かったりジャンルごとで単語がまとまっていたりと非常にユーザーが多い単語帳です。単語だけではなく熟語やフレーズなども入っているので、この1冊である程度の英単語量は勉強できると思います。特に英会話の能力を上げたい人には良い1冊だと思います。オーディオファイルを別途で購入することをオススメします。基礎用と発展用があるので初心者の方は基礎編(単語を1つ1つ読み上げてくれる)を中級者の方は発展編(例文のみを読み上げ)を買うことを推奨します。

最初は理解できなくてもとりあえず1週してみましょう。その後2週目3週目は1つずつ意味を確認して理解の質を高めていきましょう。実際に単語がどの場面で使えるのかイメージしながら覚えると良いかもしれません。一方でTOEICを勉強したい方にはあまりオススメしません。様々な単語が載っていますがTOEICに出てくるようなビジネス英語はさほど載っていません。TOEICで点数が取りたいかたはTOEIC専門の単語帳を購入すると良いでしょう。

 

8 英単語ターゲット1900 公式アプリ【ビッグローブ辞書】

Amazon:英単語ターゲット1900 公式アプリ【ビッグローブ辞書】

 

大学英語受験の対策本として知られているターゲットシリーズの公式アプリ。ターゲット1900は、センター試験から国公立2次試験・難関私大レベルをカバーできる1900の見出し語が載っている単語集です。その単語集をそのままスマートにアプリにし、音声確認、ゲーム感覚でできるテスト、学習目標の設定、などの多機能を備えさせました。

このアプリを使えば通学中やちょっと暇な時に、気軽に中上級(High-Intermediate)の英単語を復習し、定着させることができます。主に受験対策用の単語が多いですが、この一冊をマスターすればビジネス英語やアカデミック英語などの基盤を作れます。ある程度の語彙力がある上でステップアップをしたい方におすすめです。しかも、値段も650円と個人的にはリーズナブルだと思います。

 

 

 

発音編 


adobestock_74928501

 

発音も言語において大切な要素となります。文法、単語をマスターしても、正しい発音が出来ず、正しく発音が聞き取れなければ、実際のコミュニケーションにおいて誤解が生じる可能性があります。母語の性質が全く異なる、多くの日本人にとって英語の発音は難易度が高いですが、時間を掛けて発音矯正に臨むのが良いと思います。

 

 

9 フォニックス<発音>トレーニングBOOK  ジュミック今井 著

 


Amazon:CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

発音を1から学ぶ方にオススメです。口の形のイラストや詳しい発音の仕方が書いてあるので初心者の方でも正しい発音の仕方を覚えることができます。例文や単語なども入っており、ビジネス単語も入っているので発音以外の部分でも学ぶことができます。CDも付いていますので何度もリピートして反復練習をするのが良いでしょう。やはり英語学習において発音は欠かせません。僕も発音が苦手で勉強するのが嫌いでしたが、フォニックスなら楽しく飽きずに勉強できるので1冊持っておいて損はないと思います。

 

 

10 英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる 松澤喜好 著


Amazon:英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 

こちらも発音の参考書になります。フォニックス同様に詳しい口の形の説明や動かし方などが図を通して乗っています。英語を正しい音で聞こえるようになる「英語耳」を目指します。各章に分かれており、基本的な発音からリンキング(音がくっつく)そして最後は洋楽を使って学習をします。洋画や洋楽を字幕や歌詞無しで聞けるようになるレベルを目指しています。正しい発音ができるようになると正しい音が聞けるようになるのでTOEICのリスニングなどにも効果的だと思います。

個人的に英語耳は好きです1章〜4章までは通しを30分で終わらせることができるので、通学や通勤時間に気軽にやることができます。説明もわかりやすいですし、著者の松澤喜好さんのストーリーなども各章にあるので読んでいて面白いです。こちらも、オススメの1冊です。

 

 

まとめ

 

参考書、どれを買えばいいか迷いますよね。上記に載せた以外にもたくさん良い参考書はあります。

英語学習は目的意識が大切です。例えば「話せるようになりたい!」「TOEICが取りたい!」「発音をキレイにしたい!」「映画を字幕なしで見たい!」など目的をはっきりしたうえでそれに合った参考書を選ぶべきだと思います。分厚い1冊を買うより、薄い1冊を買って、何周も何周も定着するまですることを推奨します。英語学習に近道はありません。毎日コツコツ積み上げてやっていきましょう!応援しています。

 

The following two tabs change content below.
なかじー

なかじー

大学を休学し全くの英語初心者の状態で、6ヵ月間バギオ留学に行き英語が話せるようになる。現在は、セブ島、クラークの語学学校へ行き、合計1年間のフィリピン英語留学をする予定。TOEIC870点取得。フィリピン人からも慕われる程のユニークの持ち主でかなり面白い人。

By

留学経験者に相談してみよう!

「もっと留学のリアルな話が聞きたい」「フィリピンの治安は大丈夫なの?」「相談をしたいけど誰にして良いかわからない」

フィリピン留学に不安はつきもの。そんな時は留学を経験したことがある「先輩たち」に相談してみるのが一番の解決策。10人いる「e-student」のメンバーが親身になってあなたの疑問に答えます!

announceimg

カテゴリー