エアビで貸切できるフィリピンの【プライベートアイランド10選】

>

 

プライベートアイランドで誰にも邪魔されずゆっくり過ごしたいと誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。そこで今回はみなさんにAirbnbでとてもお得にレンタルできるフィリピンにある10の島々を紹介します。ぜひ格別の夏をお過ごしください。

参考記事:10 Private Islands You Can Rent On Airbnb

 

はじめに

フィリピンには何度も世界ベストアイランドに選ばれたボラカイ島、世界的リゾート地であるセブ島、そして近年注目されているフィリピン最後の秘境「パラワン島」があります。またそれ以外にも、いたるところに綺麗なビーチや手付かず島々が存在します。

 

7000以上の島々から成り立つフィリピンはまさに「世界のベストアイランド」の代名詞とも言えるでしょう。これから紹介するAirbnbで貸切できるプライベートアイランドは、主に秘境感がたっぷりのパラワン島が中心です。また、宿泊料金の表記は日本円ではなくフィリピンの通貨「ペソ」になります。

 

関連記事:【世界のベストアイランド2016】にフィリピンから3カ所もランクイン!

関連記事:【朗報】フィリピンペソのレートが急上昇!レートが違うだけで2か月分の給料の差がでる!?

 

それでは本題に参りましょう!

 

ブラザー島

(写真提供:Airbnb)

エルニドの東海岸にあるブラザー島。ここには12人が宿泊できる家があります。また、ヘルパー、フィリピン料理専門のコック、近くの島に連れて行ってくれるボートマンがおもてなしをしてくれます。2泊以上からレンタルできますが、ずっと宿泊したいと思うこと間違いなしです。

 

地域:エルニド(パラワン島)

タイプ:一棟貸し/アパート

人数:12名/7ベッドルーム、9ベッド

料金;P26,082/1泊

 

サンダン島

(写真提供:Airbnb)

この島はマニラから車でわずか3時間という素晴らしい立地にあります。ここには裏庭にラモット湖があり、1ベッドルーム、キッチン、リビングルームからなる80平方メートルの家があります。友人と格別のひと時を過ごせるでしょう。料金もとてもリーズナブルです。

 

地域:キャビンティ(ラグーナ)

タイプ:一棟貸し/アパート

人数:15名、1ベッドルーム、2ベッド

料金:P3,367/1泊

 

カグダマオ島

(写真提供:Airbnb)

カップルまたハネムーン向きのとてもきれいな島です。ハウスキーパー兼シェフのBengieさんがココナッツの木に登りココナッツシェイクを作ってくれるなど、とても粋なおもてなしをしてくれます。最低3泊からレンタルできます。

 

地域:エルニド(パラワン島)

タイプ;一棟貸し/アパート

人数;2名、2ベッドルーム、2ベッド

料金:P13,569/1泊

 

ロックアイランド

(写真提供:Airbnb)

バックパッカーや冒険心のある人向けのサンゴ礁やそびえたつ崖に囲まれた島です。トレッキング、シュノーケリングなどあなたがやりたいこと全てを叶えてくれる楽園です。10名収容できる宿舎がありますが、海岸でテントをはることもできます。仲良しのグループと一緒に行けばきっと一生の思い出になることでしょう。

 

地域;コロン(パラワン島)

タイプ:シェアルーム

人数:10名、ベッド2台

料金;P7,521/泊

 

ボリナ島

(写真提供:Airbnb)

遠い過去を感じさせるような未だ手付かずの島です。洞窟探索、スペイン要塞の遺跡での記念撮影、崖からのダイビング、シュノーケリング、カイトサーフィンなどができます。テントの中で就寝したあなたは翌朝、波の音とともに目覚めるでしょう。素敵なアウトドア体験ができそうですね。

 

地域:リナパカン(パラワン島)

タイプ;個室

人数;16名、10ベッドルーム1ベッド

料金:P503/1泊

 

イナラデラン島

(写真提供:Airbnb)

別名ドイツ島と呼ばれるこの島はサンヴィセンテのポート・バートンから約20分です。たったのP1,500でボートでの送迎、朝昼晩3食、寝具付きのテントが含まれます。いつもとは違う少しリッチなキャンプをしたいという方におすすめです。

 

地域:サンヴィセンテ(パラワン島)

タイプ:個室

人数:2名、1ベッドルーム、2ベッド

料金:P1,504/泊

 

ギント島

(写真提供:Airbnb)

リナパカン島の未開拓の24の島の1つです。必要な日用品である寝具、蚊帳、タオルソーラーランプ、ガスランプ、シュノーケリングギア、調理用ポット、皿、グリルが用意されています。またポケットWiFiやパワーバンクまでもあります。

 

地域:リナパカン(パラワン島)

タイプ:シェアルーム

人数:4名、ベッド2台

料金:P2,513/1泊

 

マレンデグ島

(写真提供:Airbnb)

別名ダブル島と呼ばれるこの島には広大な敷地にいくつかの簡易更衣室があります。しかし、宿泊施設がお互い近くないためプライバシーに関する心配は必要ありませんし、まるで島に一人きりであるかのような感覚さえ味わえます。またシュノーケリングやカヤックといった様々なアクティビティーを体験することができます。

 

地域:サンヴィセンテ(パラワン島)

タイプ:一棟貸し/アパート、8名

人数:2ベッドルーム、2ベッド

料金:P2,507/1泊

 

グリーンバレー

(写真提供:Airbnb)

スイミング、釣り、ボート、乗馬、たき火での調理などさまざまな素晴らしいアクティビティーが体験できます。宿舎の二段ベッドで就寝するか、野外でテントを張って楽しむかはあなた次第です。またペットを連れてくることも可能です。

 

地域:キャビンティ(ラグーナ)

タイプ:一棟貸し/アパート

人数:16名、1ベッドルーム、2ベッド

料金:P1,759/1泊

 

ビッグバンブー島

(写真提供:Airbnb)

14ヘクタールにも及ぶサンゴ礁を満喫できるとても美しい島です。パドルボード、カヤック、シュノーケリングなどを体験できます。お客様にストレスのない休暇をしていただくために、デラックスバンブーハウスでの宿泊、空港送迎やボートでの送迎、朝昼晩3食これらすべてを含んだパックプランを提供しています。

 

地域:カリオン(パラワン島)

タイプ:一棟貸し/アパート

人数:8名、5ベッドルーム、5ベッド

料金:P76,210/1泊

 

おわりに

いかがだったでしょうか?この夏、ぜひ家族・友人・恋人と訪れ、非日常的な世界を楽しんでみてください。

 

The following two tabs change content below.
しげ

しげ

ノリで大学4年時に休学をして半年間のフィリピン留学を経験。留学中は周りから遊学生と揶揄されていました。英語初心者が留学で失敗しないための教訓を与えるためにライターに転身。現在はボラカイ島にて休暇中。関西出身。

By

留学経験者に相談してみよう!

「もっと留学のリアルな話が聞きたい」「フィリピンの治安は大丈夫なの?」「相談をしたいけど誰にして良いかわからない」

フィリピン留学に不安はつきもの。そんな時は留学を経験したことがある「先輩たち」に相談してみるのが一番の解決策。10人いる「e-student」のメンバーが親身になってあなたの疑問に答えます!

announceimg

カテゴリー