PINESクイサン校

 

PINES(パインス)は、元祖スパルタ校としても知られており、2001年に設立された歴史のある学校です。講師、カリキュラム、スタッフ、設備などのトータルを見ても、洗練された運営方法やノウハウが実践されていて、老舗校としてのメリットを十分に発揮しています。超初級~中級向けキャンパスの「クイサン校」と中級~高級向けキャンパスの「チャピス校」の2つの校舎を提供することにより「徹底したレベル管理システム」を実現しています。

 

PINESクイサン校のおすすめポイント

・英語初級・中級者専用のキャンパスがある

・自分のレベルにあった生徒と勉強できる環境

・リーズナブルな授業料

・充実した施設

・スパルタな環境で集中して学習できる

・歴史・実績・人気のある学校

・長年のノウハウを生かした学校運営

・工夫されたカリキュラム

 

 

PINESの留学体験談

 

PINESクイサン校の基本情報

Cooyeesan-Main-Campus-1

 

学校名  PINES クイサン校
設立年度  2001年
住所  2nd Floor, Cooyeesan Plaza Hotel, Naguilian Road, Baguio City, Philippines
認可  SSP認定学校 TESDA登録学校
規模  300人
オーナー  韓国人
コース ESL、TOEIC、IELTS、TOEFL、TOEIC Speaking
ネイティブ講師 なし
日本人スタッフ あり 
日本人の割合  20~30%
設備  WiFi、ATM、食堂、薬局、クリニック、自習室、ウォーターサーバー、大型スーパー、売店、コミュニティラウンジ、ジム(有料)、寮(1人~3人部屋)
周辺環境  クイサン校は、寮、校舎、商業施設の一体型の施設になっているので、スーパーやATM等は同じ施設内にあります。またレストラン、コーヒーショップ、カラオケ、スパ、ボウリング、売店、公園等が周辺にあります。
門限  平日外出不可(月~金曜日)土、日のみ外出可能
備考  レベル6から上級者向けキャンパスのチャピス校へと移動します。

 

2018年入学日

1月6・20日 2月3・17日 3月3・17・31日 4月14・28日 5月12・26日 6月9・23日 7月7・21日 8月4・18日 9月1・15・29日 10月13・27日 11月10・24日 12月8・22日。原則土曜入校日。

 

PINESクイサン校の徹底分析

Bridging-Campus-1

クイサン校では、初級から中級(レベル5,6)までの生徒を対象にし、初級者には英語の苦手意識を失くす事を目的にして初心者専用のキャンパスを設け、同じような英語のレベルの生徒達が気兼ねなくコミュニケーションできる環境創りと英語に興味を持ち好きになるような独自のカリキュラムを用意しています。中級キャンパスでは、英会話の基礎にあたるパターンを通して、より英語への自信を付けていくカリキュラムが組まれています。

 

講師レベル

1on1-Class-11

PINESの講師陣は質が高い事で周りの学校からも評価を受ける程ですが、それには理由があります。各語学学校によって、講師を採用するステップや基準、合格のパーセンテージは全く異なるからです。

 

PINESの講師採用基準では、厳格でなおかつ講師を継続的に育成するシステムが成り立っています。PINESでは講師を採用するまでに約10のステップがあります。

 

また、この厳しい門を通り抜けた講師陣は、学校に在籍している間も常に育成されます。その中で代表的なものが、現役生徒による講師への評価制度。その最高評価である93点以上を1年間で3か月間連続で得なければ、講師として学校にいられなくなります。

 

緻密な採用ステップ・基準と厳格な講師育成・管理システムにより、PINESの講師レベルは非常に高いと言えるでしょう。講師にかけるコストや手間などを他校と比較しても、圧倒的なものです。

 

カリキュラム(コース)

4on1-Class-3

PINESクイサン校では初級・中級向けの2つのキャンパスに分かれており、それぞれ10のレベルに合った独自のカリキュラムも存在しています。

 

資格対策コースを多く開設している学校では、そちらのカリキュラムに力を入れてしまう傾向もあると思いますが、PINESではかなりESLにも力を入れ、長年の経験を生かした工夫が練り込まれているのが伺えます。

 

その根拠として挙げられるのが、生徒に合ったカリキュラムを修正・改善・研修する特別チームが存在し、カリキュラムに柔軟性と効率性が生まれている事です。

 

初級向けのクラスでは初級キャンパスで同じようなレベルの生徒が集まり、そこで英語の苦手意識を克服し英語に興味を持たせるようなカリキュラムと環境創りが徹底されています。

 

クイサン校の中級向けキャンパスでは、ディクテーション学習方法を中心にライティングで理論的に英語システムを組み立て、それらでインプットして英語をディスカッションを通してアウトプット(実践)をしていきます。

 

中級キャンパスからはEOP(English Only Policy )が適用され、キャンパス内での母国語の使用が禁止されます。カリキュラムもさることながら、英語学習者がモチベーションを高められるような環境が整っているので、同じ英語レベルの他の生徒と切磋琢磨して学習ができる事にも期待できます。

 

スタッフ

クイサン校・チャピス校合わせて、日本人スタッフが約3人います。クイサン校にはオフィスが2つ程あり、日本人以外にも韓国人・フィリピン人スタッフが多く在籍しているので、何かトラブルが合った場合・相談したい時などは迅速な対応が可能です。その他にも、24時間体制の警備員、担当看護師、施設管理員、ロンドリースタッフ、R&Dチーム(カリキュラム作成チーム)などの多くの方々がPINESを運営・サポートしています。

 

食事

Lunch-2-300x225

クイサン校の食堂は、一階にあります。週に数回ほど韓国料理や日本料理などが交代して出されているそうです。クイサン校は付帯施設と一体型のキャンパスなので、売店やショッピングセンターも併設されているので、気軽に外食する事も可能です。

 

施設・設備

Bathroom-2

収容人数がクイサン校の方が多いという事もあり、チャピス校よりクイサン校の方が施設や設備は充実しています。スーパー、売店、ジム、ATM、薬局、電気屋、マッサージショップなどまでが1つの施設にまとまっている完結型のキャンパスなので、生活する上で必要なものは1つのキャンパスで揃うような便利な施設となっています。

 

極端に言えば、学校から一歩も出ずに留学生活を送ることも可能なくらいです。宿泊施設も併設ホテルと共同で使っているので、他校と比べてもかなり贅沢とも言えるのではないでしょうか。

 

周辺環境

生活に必要な事は基本的にはクイサン校内で済みます。クイサン校はチャピス校と違い通りに面しているので、タクシーなどを捕まえやすいです(バギオのタクシーはつかまりにくい事は別問題として)。タクシーで10分程進むと、レストラン、マクドナルド、SPAなどがあります。

 

雰囲気

Group-Picture-for-Option-Class

クイサン校での初級キャンパスでは年齢層が若い方が多いです。初級キャンパスで生徒同士が交流できる場所、またWIFIが使える共有スペースでは賑やかな雰囲気がありました。韓国人生徒の割合が多いため、日本人と韓国人が英語で意志疎通しようとしている場面を見かけましたが、みんなが同じような英語レベルなので双方が協力して会話を行っていました。同じような英語レベルの生徒が集まる環境、中級キャンパスではEOPが適用されるなど、これらも含め全体的に見ると賑やかで向上心のある学生が多いと感じました。

インターネット

Computer-and-Study-Room-2

ネット環境が悪いフィリピンですがバギオという地域は山の上に位置しているので、WIFI接続は悪いです。日本のネット環境に慣れていてスマホなどの端末を利用する方などは苦労されるかも知れません。お仕事などでどうしてもネット環境が必要な方は、現地にあるSMモールなどでポケットWIFIを各自で購入されると良いかも知れません。

 

PINESクイサン校の特徴

pines-cooysan

 

PINES(クイサン、チャピス校)には大きく分けると7つの特徴があります。

 

・4週1ターム&高級キャンパス

・正確なレベルテスト&PEPT

・多様なオプションクラス

・高確率の出席率&延長申請

・栄養のある食事

・日本人生徒と韓国人生徒が一緒に勉強する英語研修

・ホテルと学校が一体型のアカデミー

 

 
 多様なオプションクラス
 

レギュラー授業前と終了後に行われているパインス自慢のオプションクラスは 英語に対する興味を深め、 より効果的な勉強方法と徹底した時間管理をすることによって、学生たちが研修期間の間、 スランプに落ちず 英語習得に向けて着実にステップアップしていけるようにします。

パインスの選択授業は、正規授業の延長で短期間で効果的に英語を伸ばしたい方達の為のパインスだけの多様な種類の選択授業です。 基礎,中級,高級クラスの授業に適応できるように様々な授業を選択することができます。

高確率の出席率&延長申請

パインスでは、毎時間学生がきちんと授業に出席しているかどうが、専門スタッフが確認しています。学生が時間が過ぎても来ない場合、クラス担当の先生が直接学生の部屋に電話し、体調が悪くて出れないのか、 それともただ授業に出てこないのか確認します。

もし、3回以上授業を欠席してしまった場合、抜けてしまった分を少しでも英語に触れられるように、週末の自習が強制されています。 このシステムがアカデミー内に良い緊張感を生み、学生の勉強へのモチベーションを維持させています。

 

栄養のある食事&校内クリニック

パインスでは、1日3食 食堂マネージャーを中心として栄養価のある食事を提供しています。主に、お米、野菜、スープ、生徒の健康を考えてフィリピン人のシェフと共に作っています。

また、校内クリニックにはフィリピン人の看護師が常勤しています。具合が悪い時は、早めに相談し薬を処方してもらいましょう。 また、病院に行く必要があるときは、フィリピン人看護師と場合によっては、現地日本人スタッフが付き添います。

バギオダウンタウンに大学病院や施設の整った私立病院があります。症状によって的確な処方箋を出してくれるので安心です。 このように学生の出席管理から体調管理までを一貫して行うことで、アカデミーでの生活を有意義に過ごせるようにパインスは努力しています。

日本人学生と韓国人学生が一緒に勉強する英語研修

パインスは単純に英語教育だけを目的とするのではなく、外国人学生と自然に交流できる場を通して多様な文化に触れてもらい、オープンマインドを持つことのできる機会を提供しています。

現在の学生比率は80%が韓国人学生、19%が日本人学生、1%が他国籍(2015年11月付)の学生で構成されています。韓国人が多い環境の中でなじめるかどうか不安に思われるかと思いますが、大多数の韓国人学生は日本人に友好的です。

日本人の絶対数が少ないため、友達になりたい、 同じ部屋になりたいと思っていてもできない韓国人の生徒さんをがっかりさせてしまうことの方が多いです。 また、そんな彼らとのコミュニケーションは当然ですが英語で行われます。

ホテルと学校が一体型の英語アカデミー

パインスは2001年12月に開校し、現在バギオキャンパスは、第1キャンパス(クイサンホテル:280名)、第2キャンパス(チャピスホテル:120名) を運営しています。 各学生のレベルに合わせた会話専門コースを提供しています。ホテルを宿泊施設として使用することで、学生の方の満足度はかなり高いと言えます。

 

クイサン校の授業料とコース

Power ESL

1:1が4コマ、4:1が4コマの合計8コマを提供するパインスで最も一般的なコース。英会話の向上に重点を置いており、学校のおよそ30~40%程の生徒が本コースをご受講しています。グループクラスは多国籍な環境となり、多様な国籍の英語に触れることによって、学生の柔軟性の向上や学校内でのご友人を作る事にもつながっていきます。

マンツーマン 50分×4コマ
グループ 50分×4コマ
その他 ・オプションクラス最大3コマ
 
  1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 173,000円 346,000円
2人部屋 153,000円 306,000円
3人部屋 143,000円 286,000円
4人部屋 133,000円 266,000円
  12週間 16週間 20週間 24週間  
1人部屋 519,000円 687,000円 855,000円 1,023,000円  
2人部屋 459,000円 607,000円 755,000円 903,000円  
3人部屋 429,000円 567,000円 705,000円 843,000円  
4人部屋 399,000円 527,000円 655,000円 783,000円  

 

Intensive ESL

本コースは1:1が5コマ、4:1が2コマのカリキュラムとなっています。フィリピン人講師とマンツーマンの時間を多く設ける事で、きれいな発音やスピーキング矯正に重点を置いています。4:1の2コマはあえてディスカッションなどの機会を避けることによって、個人のレベルに合った学習を進めることができます。

マンツーマン 50分×5コマ
グループ 50分×2コマ
その他 ・オプションクラス最大3コマ
  1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 181,000円 362,000円
2人部屋 161,000円 322,000円
3人部屋 151,000円 302,000円
4人部屋 141,000円 282,000円
  12週間 16週間 20週間 24週間  
1人部屋 543,000円 719,000円 895,000円 1,071,000円  
2人部屋 483,000円 639,000円 795,000円 951,000円  
3人部屋 453,000円 599,000円 745,000円 891,000円  
4人部屋 423,000円 559,000円 695,000円 831,000円  

 

Premium ESL

1:1の講義を7コマ用意した最も柔軟性が高いコースとなっております。授業開始前に担当講師と面談を行い自分のニーズにあったカリキュラム設定にしていきます。自分がどこに弱点を持っているのかわからないという学生にお勧めで、逆に特化したい項目のある生徒にも本コースが最適です。

マンツーマン 50分×7コマ
グループ
その他 ・オプションクラス最大3コマ
  1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 193,000円 386,000円
2人部屋 173,000円 346,000円
3人部屋 163,000円 326,000円
4人部屋 153,000円 306,000円
  12週間 16週間 20週間 24週間  
1人部屋 579,000円 767,000円 955,000円 1,143,000円  
2人部屋 519,000円 687,000円 855,000円 1,023,000円  
3人部屋 489,000円 647,000円 805,000円 963,000円  
4人部屋 459,000円 607,000円 755,000円 903,000円  

 

PINESレベル表

レベルが1〜5(初中級)の方はクイサン校、6〜10(中上級) の方はチャピス校での受講となります。

レベル コース名 コース目標
1:1授業 4時間 グループ授業(4:1) : 4時間
Level 1 英会話
入門コース
TOEIC400点未満
(目安)
英会話の基本は自信を持って話してみることです。
このコースの目的は、英語の基本単語と基本文章パターンを習得することによって、英語でのコミュニケーションを可能にし、 大きな声で音読(シャドーイング)の反復練習を通じて、個人の意志を表現する方法を習うコースです。
Level 2
Level 3
Level 4 英会話
基礎コース
TOEIC400~700点未満
(目安)
会話力を上達させる近道はリスニング力をアップさせることです。
このコースでは会話力とリスニング力を一緒に向上できるように、様々なテーマにともなう単語の拡張と制限的な対話内容を長く継続できるように練習します。 また、多様な表現を共に習い、より早く英語力を向上できるようにサポートするコースです。
Level 5
Level 6 英会話
中級コース
TOEIC700~850点未満
(目安)
失敗を減らすには、たくさん失敗することです。
このコースは、ずっと英語学習を続けてきた学習者が、実力を維持するために、また、偏った英語力をしっかり矯正します。また、会話に必要な理論を学習すると同時に失敗を減らし、会話力を一層高めることができます。
Level 7
Level 8 英会話
上級コース
TOEIC850点以上
(目安)
ネイティブ並みの英会話力をつけるためのパインスの最終過程です。
難易度が高い言語の使用、学術的で専門的な内容も共に扱い、英語の背景知識を深く学習し、英語圏でも不便のないよう、会話水準を最高レベルに到達させます。
Level 9
Level 10

TOEIC、TOEFL、IELTSコースなどの「資格対策コース」を受講される方はチャピス校に入学することになります。

チャピス校の授業料とコース


 

TOEIC

 1日4時間のマンツーマンクラスでは、TOEIC SPEAKINGや記事トピックに対して講師と議論や討論することによって、試験対策の基盤となるビジネス英語力を身につけます。一方で、グループクラスではより実践的なTOEIC対策を行うことで短期間でのスコアアップを狙います。TOEICスコアが450点以下の場合、最初の1ヵ月間はESLコースを受講するのがおすすめです。

マンツーマン 50分×4コマ
グループ 50分×4コマ
その他 ・オプションクラス最大3コマ
  1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 182,000円 364,000円
2人部屋 162,000円 324,000円
3人部屋 152,000円 304,000円
  12週間 16週間 20週間 24週間  
1人部屋 546,000円 723,000円 900,000円 1,077,000円  
2人部屋 486,000円 643,000円 800,000円 957,000円  
3人部屋 456,000円 603,000円 750,000円 897,000円  

 

TOEIC Speaking

TOEIC Speakingテスト準備コースは、会話力とTOEIC Speakingの点数を同時に向上することのできる「入門クラス」と点数アップのため反復集中トレーニングが中心となる「点数向上クラス」に分かれています。当コースは一般英会話だけでなく「様々なビジネスシーンで起こり得る出来事」に迅速に対処できる英語力を養うという目的で開発されました。

マンツーマン 50分×4コマ
グループ 50分×4コマ
その他 · 1ヶ月研修の際:義務オプション2時間 (Reading Aloud + Vocabulary)
· 2ヶ月以上研修の際:義務オプション授業またStudyグループキャンセル2時間
(Monitored Self-Study/ Study Group/ Thumbs-Up)
· キッピルソン科目選択事項:king/Listening/Grammar/TOEIC· 2時間キッピルソン担当科目の先生と授業· 2時間キッピルソン担当先生と義務自由学習またフィートバック時間
  1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 182,000円 364,000円
2人部屋 162,000円 324,000円
3人部屋 152,000円 304,000円
  12週間 16週間 20週間 24週間  
1人部屋 546,000円 723,000円 900,000円 1,077,000円  
2人部屋 486,000円 643,000円 800,000円 957,000円  
3人部屋 456,000円 603,000円 750,000円 897,000円  

 

TOEFL

TOEFLコースは、TOEFL IBTスコアが80点以上保持者=C(ハイクラス)、40点以上保持者=B(中級クラス)、25~30点取得を目指す=A(初級クラス)の3つクラスから編成されています。PINESが独自で開発した当コースは、英語圏の大学、大学院進学への準備コースとしてだけではなく、学術的で専門的な英語の勉強をすることが可能です。初級クラスに該当する方は、まずESLコースを受講するのがおすすめです。

マンツーマン 50分×4コマ
グループ 50分×4コマ
その他 ・オプションクラス最大3コマ
  1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 182,000円 364,000円
2人部屋 162,000円 324,000円
3人部屋 152,000円 304,000円
  12週間 16週間 20週間 24週間  
1人部屋 546,000円 723,000円 900,000円 1,077,000円  
2人部屋 486,000円 643,000円 800,000円 957,000円  
3人部屋 456,000円 603,000円 750,000円 897,000円  

 

IELTS

 PINESの強みである「IELTSコース」はIELTSスコア4.5取得を目指す「BASIC IELTS MODULE」(履修期間は4~8週間)、目標スコアが5.5の「LOWER INTERMEDIATE」(履修期間は4~12週)、目標スコアが6.5の「HIGH INTERMEDIATE」(履修期間は4~12週)、目標スコアが7.5の「ADVANCE」に分けられています。IELTS専門校として培ったノウハウを駆使した実践的な授業を提供することで、上記の目標スコア取得を目指します。

マンツーマン 50分×4コマ
グループ 50分×4コマ
その他 ・オプションクラス最大3コマ
  1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 182,000円 364,000円
2人部屋 162,000円 324,000円
3人部屋 152,000円 304,000円
  12週間 16週間 20週間 24週間  
1人部屋 546,000円 723,000円 900,000円 1,077,000円  
2人部屋 486,000円 643,000円 800,000円 957,000円  
3人部屋 456,000円 603,000円 750,000円 897,000円  

 

授業料に含まれない現地費用

場所 内容 価格
日本でお支払い 入学金 15,000円
空港送迎費(空港から学校)

 

団体ピックアップ/5,000円 個人ピックアップ/10,000円
海外送金手数料 3,000円
現地でお支払い SSP申請費 6,300ペソ
テキスト費(4週) 約1,000〜1,500ペソ
電気/水道代 1,000ペソ/4週 
寮デポジット費 3,000ペソ(破損等ない場合は退寮時に全額返却)
追加授業費 平日:1コマ200ペソ / 回
休日:1コマ200ペソ / 回 *最低4コマより受講可能
前泊/延泊費 1,000ペソ/泊
空港送迎費(学校から空港) 一律10,000円 (時間自由指定可能、スタッフ1名、バス代金、タクシー代金込み料金)
ビザ延長費 詳細は下記参照
ACR-Iカード 3,300ペソ(60日以上滞在の場合)

*航空券の購入、海外保険への加入は別途必要です。

ビザ費用
延長回数 滞在期間 延長費用 合計延長費用
延長手続なし 30日まで(約4週間) 無料 0ペソ
1回目 59日まで(約8週間) 3,140ペソ 3,140ペソ
2回目 89日まで(約12週間) 4,410ペソ 7,550ペソ
3回目 119日まで(約16週間) 2,440ペソ 9,990ペソ
4回目 149日まで(約20週間) 2,440ペソ 12,430ペソ
5回目 179日まで(約24週間) 2,440ペソ 14,870ペソ

 

お問い合わせする

 

関連記事

  1. AELC(センター1)

  2. CIP

  3. PICO

  4. CDU ESL Center

  5. アイザック(パインスクラーク)

  6. BECI

  1. リピーターが続出!フィリピン英語留学の「7つの魅力」とは?

    2018.01.14

  2. フィリピン留学のよくあるコースと珍しいコースを解説【7選】

    2018.01.08

  3. もはや過保護?フィリピン留学の学習環境が整い過ぎてる件。

    2018.01.07

  4. え、マニラに留学するの?治安とか大丈夫なの?【2018年最新】

    2018.01.05

  5. こんな国からも?フィリピン留学に来る外国人国籍BEST9!

    2017.12.24

カテゴリー

最新!人気の語学学校ランキングBEST3

  1. 1位

    C21

  2. 2位

    BECI

  3. 3位

    GLANT ESL Academy

  1. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

  2. ライター留学プログラム

  3. english-revolution-program

    「フィリピン英語革命」留学プログラム

  4. フィリピン超短期留学プログラム

  1. C21

  2. Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

  3. BECI

  4. GLANT ESL Academy

  5. C&C