フィリピン留学で掛かる現地費用、その他費用ってどのくらい?

 

フィリピン留学では授業料の他に、航空券・海外保険、現地費用(現地で学校へ支払い)、生活費が掛かります。授業料には基本的に食費と宿泊費が含まれているので、ついつい安心して他に掛かる費用はないと考えてしまいそうですが、留学をするには色々とお金が必要になってきます。今回は特に疑問の多い「現地費用」について詳しく書いていきたいと思います。

 

フィリピン留学の授業料相場は一月約12~18万円です(コースや部屋タイプ、各学校による)。航空券は往復(成田⇔セブ)で約4万~5万円で買えます(プロモだと2万円や3万円で買えることも)。

 

保険会社によって異なりますが、海外保険はざっくり一カ月で約1万円で済みます。個人の生活費やお小遣いは各個人の裁量次第です。

 

と、こんな風に現地費用も簡単にまとめたいところですが、特に初めてフィリピンに留学される方は「現地費用」に関して疑問に思うことも多いので、詳しく項目ごとに解説していきますね。

 

記事の最後には、1~6ヵ月分の現地費用額の見積もりを載せてあるので、参考にしてください。

 

*本記事ではこれ以上、航空券と海外保険代については触れません。

フィリピン留学の相場費用

 

フィリピン留学の魅力はなんといっても安さです。

 

料金だけではなく、マンツーマン主体の授業スタイル・授業料に食費と寮費が含まれていることを考えると、かなりコスパが良いです。しかし、最近では安さをウリにするのではなく、豪華な施設や質の高いカリキュラムを提供している語学学校も増えてきました。

 

現在のフィリピン留学の相場は本当にピンからキリまでで、様々なニーズに応えられるように整備がされてきたと思います。さらに、フィリピン留学の需要が日本以外の各国でも高まりつつあるので、相場自体が上昇傾向にあります。

 

数字に出すと、1カ月の授業料は12万~18万というのが無難です。*コースや部屋タイプ、学校によって異なります。

 

一番安くて月11万円、高いところだと約30万円と幅は広いですが、相場でいうと12万~18万円が妥当かと思います。なみにフィリピンで一番人気の留学先である「セブ島」では、全体的に相場より高くなり、反対に田舎などの地域では安くなる傾向があります。

 

クラスを増やしたり、1人部屋に変更したり、外部寮に滞在したりすると、授業料は自然に高くなるので、それらの要素を考慮しながら自分のニーズに合った選択をするのがベストです。

 

そして、授業料に食費と宿泊費が含まれているんだったら「他にはもうお金が掛からないのでは?」と思ってしまいますよね。授業料以外にも掛かる費用はあるので、それについて解説をしていきます。

 

授業料に含まれない現地費用

現地に着いたら、授業料以外で学校に支払わなければならない現地費用は細かく分けると8項目ほどあります。SSP、ビザ、ACR I-Card、電気&水道、デポジット、テキスト、ID&写真、総合管理費。中にはお金が結構掛かるものやそうでないものありますが、とにかく留学するのであれば、この総費用を現地通貨(フィリピンペソ)で支払う必要があります。

 

また各項目は学校によって料金も名称も若干異なることがありますので、詳細は学校から送られてくる請求書(インボイス)もしくは留学エージェントから送られてくるものを参照して下さい。

 

ちなみに、以下で紹介するSSP・ビザ延長・ACR I-Cardの諸手続きは一般的に学校側が代行してくれます。それでは、各8項目の費用と簡単な説明をしていきます。

 

1 SSP(特別就学許可証)

6500ペソ(約1万5000円)ほど掛かります。SSPとはSpecial Study Permit(特別就学許可証)のことで、外国人がフィリピンで留学するにあたり必ず政府に申請しなければなりません。一度発行すると6カ月間有効ですが、留学期間に関わらず発行しなければならないので、短期留学の方でも申請する必要があります。

 

2 ビザ延長費

フィリピンのビザ事情ですが、日本人の場合、フィリピンに入国すると自動的に30日間有効の観光ビザがおります。つまり、30日以内しか滞在しない方はビザ費用は全く掛からない訳ですが、30日以上滞在する方は観光ビザを延長する必要があります。延長費用は各滞在期間によって異なるが、学校側はその生徒の滞在期間分のビザ延長手続きを代行してくれます。

 

ビザ延長費に関しては、5~8週間(2カ月)→3140ペソ(約7000円)、9~12週間(3カ月)→4410ペソ(約1万円)、13~16週間(4ヵ月)→2440ペソ(約5500円)、17~20週間(5カ月)→2440ペソ(約5500円)、21週間~24週間(6ヵ月)→2440ペソ(約5500円)。この金額に加え、ビザ代行手続きの手数料として数百ペソが上乗せされることもあります。

 

延長回数 滞在期間 延長費用 合計延長費用
延長手続なし 30日まで(約4週間) 無料 0ペソ
1回目 59日まで(約8週間) 3,140ペソ 3,140ペソ
2回目 89日まで(約12週間) 4,410ペソ 7,550ペソ
3回目 119日まで(約16週間) 2,440ペソ 9,990ペソ
4回目 149日まで(約20週間) 2,440ペソ 12,430ペソ
5回目 179日まで(約24週間) 2,440ペソ 14,870ペソ

スマホの場合、上の表をスライドさせて閲覧ができます。

 

3 ACR I-Card

3000ペソ(約7000円)ほど掛かります。ACR-I(外国人登録証)カードは2カ月以上フィリピンに滞在する外国人の方が取得しなければならないIDになります。ですので、2カ月以内しか滞在しない方は、このカードも取得する必要はないので費用は掛かりません。このカードは移民局に登録された外国人のフィリピン法的居住資格の証拠としても活用され、取得すると1年間有効となります。

 

4 電気&水道(公共料金)

1カ月1000~1500ペソ(約2300~3500円)ほど掛かります。物価も安いので、公共料金も破格に安いかと思うかもしれませんが、以外とそんな事もありません。フィリピンは常夏なので、特に冷房・クーラーを使う機会は断然に増えてしまいます。

 

ちなみに田舎の地域だと公共料金が安くて、都会の地域だと高くなります。あと、1~2人部屋に滞在する場合、公共料金を負担する割合が1人あたり高くなるので、自然に料金もそうなります。3~4人部屋に滞在する場合なら、ルームメイトと公共料金をシェアするので安くなります。*部屋タイプに関わらず一律料金の場合もある

 

5 施設デポジット

約1000~3000ペソ(約2300~7000円)。主にこれは、宿泊施設(寮)やホテルの補償金に充てる費用です。施設や学校所有物の破損や紛失に備えて、予め入学時にデポジットとして補償金を預かり、何もなければ卒業時に返金されます。ホテルや外部寮に滞在する場合だと、滞在期間に応じて金額が調整されることもあり、そのため長期滞在の方は多めにデポジットが要求されることもあります。

 

6 テキスト(教科書)

1カ月800~2000ペソ(約1800~4500円)。学校の授業で使う教科書は学校側が提供してくれるので、その代金を払います。金額はレベルやコースによって異なります。特にテキストが多く必要となる「資格対策コース」では金額もその分上がります。

 

7 学生証&写真

100~300ペソ(230~700円)。ほとんどの学校では学生証やIDを作成してくれるので、その作成費や写真撮影代として数百ペソが掛かります。学校付近のスパやレストランで割引や特典が貰える機能を果たすこともあるので意外とお得です。

 

8 総合管理費

1カ月数百ペソもしくはなし。これは学校によって異なりますが、施設や総合的な管理費としてお金が掛かる場合があります。総合管理費を全く請求しない学校も多いです。

 

現地費用の見積もり

期間を1カ月、2カ月、3カ月、4ヵ月、5カ月、6ヵ月の6つに分けて、各期間別で掛かる現地費用の総額を出してみたいと思います。費用総額は平均値から出す見積もりなので、あくまで目安として参考にして下さい。現地費用額は各学校によって、またコースや部屋タイプなどによって異なります、さらに通貨のレートの影響によって円の金額が上下する可能性もあります。ここでは施設デポジット(補償金)を含まず、その代わりに学校に支払う代行手続きの費用を加えます。

*例)ESLコース、3人部屋タイプ

 

1カ月(4週間)の現地費用

約8700~9900ペソ(2万~2万3000円)

(SSP6500ペソ、ビザ延長なし、ACR I-Cardなし、公共料金1000~1500ペソ、テキスト800~1000ペソ、代行手続き300ペソ、学生証&写真100~300ペソ、管理費300ペソもしくはなし)

 

2カ月(8週間)の現地費用

約1万4000~1万6000ペソ(3万2000~3万7000円)

(SSP6500ペソ、ビザ延長3140ペソ、ACR I-Cardなし、公共料金2000~3000ペソ、テキスト1600~2000ペソ、代行手続き600ペソ、学生証&写真100~300ペソ、管理費500ペソもしくはなし)

 

3カ月(12週間)の現地費用

約2万3500~2万6500ペソ(5万4000~6万1000円)

(SSP6500ペソ、ビザ延長7550ペソ、ACR I-カード3000ペソ、公共料金3000~4500ペソ、テキスト2400~3000ペソ、代行手続き900ペソ、学生証&写真100~300ペソ、管理費800ペソもしくはなし)

 

4ヵ月(16週間)の現地費用

約2万8000~3万2000ペソ(6万5000~7万4000円)

(SSP6500ペソ、ビザ延長9990ペソ、ACR I-カード3000ペソ、公共料金4000~6000ペソ、テキスト3200~4000ペソ、代行手続き1200ペソ、学生証&写真100~300ペソ、管理費1000ペソもしくはなし)

 

5カ月(20週間)の現地費用

約3万3000~3万7000ペソ(7万6000~8万5000円)

(SSP6500ペソ、ビザ延長1万2430ペソ、ACR I-カード3000ペソ、公共料金5000~7500ペソ、テキスト4000~5000ペソ、代行手続き1500ペソ、学生証&写真100~300ペソ、管理費1200ペソもしくはなし)

 

6ヵ月(24週間)の現地費用

約3万7000~4万2000ペソ(8万5000~9万7000円)

(SSP6500ペソ、ビザ延長1万4870ペソ、ACR I-カード3000ペソ、公共料金6000~8000ペソ、テキスト4800~6000ペソ、代行手続き1800ペソ、学生証&写真100~300ペソ、管理費1500ペソもしくはなし)

 

まとめ

1カ月の現地費用:

8700~9900ペソ(2万~2万3000円)

2カ月の現地費用:

1万4000~1万6000ペソ(3万2000~3万7000円)

3カ月の現地費用:

2万3500~2万6500ペソ(5万4000~6万1000円)

4ヵ月の現地費用:

2万8000~3万2000ペソ(6万5000~7万4000円)

5カ月の現地費用:

3万3000~3万7000ペソ(7万6000~8万5000円)

6ヵ月の現地費用:

3万7000~4万2000ペソ(8万5000~9万7000円)

 

お問い合わせする

 

The following two tabs change content below.
りょーた
高校生の時に行った2か月間のフィリピン英語留学でTOEIC900点を取得し、大学在学中にマニラにあるデ・ラ・サール大学に交換留学する。その後、2016年にフィリピン留学エージェント「e-student」を設立。これまでに現地の語学学校を10地域・80校以上視察、3校に留学経験あり(セブ島、イロイロ)。専攻は第二言語習得法。

関連記事

  1. 休学二年目のぼくがフィリピン留学を決意したワケを3つ書く

  2. フィリピン人ハーフ歌手「Bruno Mars」を聴いて英語を勉強しよう!

  3. 【フィリピン留学】マンツーマンレッスンの特徴まとめ!

  4. フィリピンの絶景を覗けるおすすめインスタグラム「The Philippines」

  5. 【朗報】フィリピンペソのレートが急上昇!レートが違うだけで2か月分の給料の差がでる!?

  6. エアビで貸切できるフィリピンの【プライベートアイランド10選】

  1. リピーターが続出!フィリピン英語留学の「7つの魅力」とは?

    2018.01.14

  2. フィリピン留学のよくあるコースと珍しいコースを解説【7選】

    2018.01.08

  3. もはや過保護?フィリピン留学の学習環境が整い過ぎてる件。

    2018.01.07

  4. え、マニラに留学するの?治安とか大丈夫なの?【2018年最新】

    2018.01.05

  5. こんな国からも?フィリピン留学に来る外国人国籍BEST9!

    2017.12.24

カテゴリー

最新!人気の語学学校ランキングBEST3

  1. 1位

    C21

  2. 2位

    BECI

  3. 3位

    GLANT ESL Academy

  1. ライター留学プログラム

  2. english-revolution-program

    「フィリピン英語革命」留学プログラム

  3. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

  4. フィリピン超短期留学プログラム

  1. Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

  2. CIA

  3. GLANT ESL Academy

  4. C21

  5. BECI