フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

 

【年間10名募集】1年間休学をする学生対象の「留学×インターン」フィリピン休学プログラム。フィリピンにある語学学校に4ヵ月~6か月留学した後、6カ月間、現地の語学学校に日本人スタッフとして海外インターンが体験できます。さらにインターン中は1日4時間の授業を無料で受けることができ、宿泊費・食費・ビザ費用も学校側が負担をしてくれます。

 

 

ライバルと差をつける

「スキル」と「体験」をフィリピンで。

 

体験談一覧

休学プログラム体験談

 

フィリピン「休学プログラム」概要


kyugaku-program-01-2

 

「e-student」が現地にある語学学校と協力して作る「独自留学プログラム」。本プログラムにおいて「e-student」は、事前英語学習サポート・留学プランの提案・語学学校の紹介・留学代行手続き・インターン先の紹介を全て無料で行います。

 

本プログラムは1年間休学する大学生が対象の「休学プログラム(休学×留学×インターン)」です。まずフィリピンにある語学学校に最低4ヵ月~6か月留学し、6カ月間、現地の語学学校に日本人学生スタッフとして1日4時間の業務を行います。インターン中は1日4時間の授業を無料で受けることができ、宿泊費・食費・ビザ費用も学校側が負担をしてくれます。年間10名のみ募集をしています。

 

本プログラムのモデル・目標・狙い

最低4ヵ月~6か月の英語留学で徹底的に英語基礎力を身につけ、英語運用能力をHigh-Intermediate(TOEIC730点以上)にまで高めます。インターンシップを開始するまでにTOEIC730点以上の英語力を身につけることによって、グローバルな環境での仕事の効率生を上げます。インターン先はアジアでも経済成長が顕著な発展途上国のフィリピン。そのフィリピンにある語学学校で半年間、インターン生として現地日本人スタッフの業務を1日4時間行います。その傍ら、1日4時間も英語の授業が無料で受講できるので「英語留学×海外インターン」の結果として「上級の英語力」と海外(発展途上国フィリピン)でのインターンシップという「体験」を得ることができます。最終的にはTOEIC900点レベルの英語力を目指し、それぞれのキャリアで通用する「体験」と「スキル」を得ることが本プログラムの狙いです。

 

募集条件

・1年間大学を休学する学生であること

・本プログラムの申し込み締め切りを守ること

・本プログラムの趣旨・注意事項に同意できる方

・最低4ヵ月の留学、最低6か月のインターンシップができる方

 

お申し込みの締め切り

現地出発日の最低2か月前までに申し込むこと

*余裕を持つために出発日の3~4ヵ月前にお申込みすることを推奨します。

学校のご予約が埋まってしまう可能性もあるため、お早めにご連絡ください。

 

本プログラム料金(目安)

約60万~99万円

4ヵ月留学する場合:0円(本プログラム費用)+60万(4ヵ月の授業料)=約60万円

6ヵ月留学する場合:0円(本プログラム費用)+99万(6ヵ月の授業料)=約99万円

上記の料金に含まれているのは本プログラム費用(無料)、留学先の授業料のみです。本プログラムのサービスは、留学カウンセリング・留学代行手続き・海外送金・語学学校の紹介・インターン先の紹介が含まれています。語学学校の授業料には、食費(1日3食)、宿泊施設費が含まれています。上記の金額は、留学先の語学学校によって異なるので、あくまで目安にして下さい。上記(目安)の料金を出発日の1か月前までに入金して頂きます。料金の詳細は各語学学校の授業料を参考にして下さい。本プログラム以外で掛かる費用は以下に記載されています。

 

本プログラム料金以外で必要な費用(目安)

約40万~60万円

内訳:4万~8万円(航空券)+8万~10万(海外保険代)+10万円(ビザ代等の現地費用)+18万~32万円(お小遣い)

上記に記載されているものは、本プログラム料金以外で必要な費用・現地費用になります。上記の金額は各個人によって異なりますのであくまでに目安にして下さい。為替レート・時期・地域によっても上記の金額が上下することもありますのでその点ご了承下さい。航空券や海外保険の他に、必要な費用は主に、留学中のビザ代・教科書代・水道・電気代や生活費などがあります。またインターン先での授業料・宿泊(寮)費・食費(1日3食)・ビザ代や生活管理費などは学校側が基本的に負担をしてくれます。

 

フィリピン語学留学先


cboa0

 

 

4ヵ月~6ヵ月のフィリピン英語留学(研修)は「e-student」が100校ある語学学校の中から厳選した6校に留学します。

 

基本的な留学プランとしては6校の中から2校の学校に留学して頂き、1校目では「ESLコース」を2カ月もしくは3カ月間履修し、2校目では「TOEICコースもしくはビジネスコース」を2カ月間もしくは3カ月間履修し学習します。この留学プランで基礎的な英語能力(4技能)を身につけると同時に、インターンシップの準備としてTOEICハイスコア(最低730点以上)取得とビジネス英語習得を目指します。

 

ESLコース推奨校

ESLコースとはEnglish as a Second languageの略称であり、英語を母語としない者のために4技能(Speaking,Listening, Writing,Reading)を上げるための英会話コース。フィリピンにあるほとんどの語学学校がESLコースを提供しています。しかしここでは、ESLコースに定評がある語学学校のみを紹介しています。以下の学校では4技能の他に、発音や単語力のチェックから定期的なレベルテスト、優秀な講師陣を採用しているフィリピン屈指の語学学校です。一般的に1日の授業時間は7~8時間(マンツーマン4時間、グループ3時間)で、オプションクラス(無料グループクラス)も1~3時間ほど履修することができます。各語学学校の授業料には、留学中の宿泊(内部寮やホテル寮)施設費と食費(1日3食)が含まれている。

1 Cebu Blue Ocean Academy

Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

「学校名」

Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

「地域」

セブ島(マクタン)

「コース」

General ESL

マンツーマンクラス5時間、グループグラス2時間、オプションクラス1~3時間

「料金」

8週間

1人部屋(シティ側):40万円 2人部屋(オーシャン側):36万2000円

2人部屋(シティ側):34万円    3人部屋(オーシャン側):31万8000円

12週間

1人部屋(シティ側):60万円 2人部屋(オーシャン側):54万3000円

2人部屋(シティ側):51万円 3人部屋(オーシャン側):47万7000円

上記の料金は語学学校の正規授業料になります。上記の金額を入学日の1カ月前までにお支払い頂きます。授業料には、留学中の宿泊施設費と食費(1日3食)が含まれています。

 

Cebu Blue Ocean Academyはフィリピン屈指のスパルタ校「PINESグループ」のセブチェーン校になります。2015年にセブ島に進出したPINESグループは、バギオで15年間学校運営を行ってきた教育ノウハウ・カリキュラム・優秀な講師陣をセブブルーオーシャンアカデミーに持ってきました。非の打ち所のない学校に思える当校は「イメージ通りのセブ島留学」というコンセプトを掲げ、セブのリゾート地であるマクタン島に学校を構え、学校の敷地内にある三ツ星ホテルを学校の内部寮にしています。リラックスしながらかつ優秀な講師陣のもので徹底管理された学習カリキュラムを学ぶことができます。当校ではセミスパルタ式カリキュラムを採用し、リゾート留学ながらトップクラスの教育クオリティを実現します。生徒層は学生・親子・社会人・経営者・教授など多種多様な人が集まり、まさに万人に通じる語学学校へと進化を遂げています。

 

セブブルーオーシャンに1か月留学して徹底取材!濃密な体験談書いたよ。

 

2 CIP

CIP

「学校名」

CIP(シーアイピー)

「地域」

クラーク

「コース」

ESL IntensiveC

マンツーマンクラス4時間(ネイティブ1時間フィリピン人3時間)、グループグラス2時間、オプションクラス1~2時間

「料金」

8週間

1人部屋:3340ドル 2人部屋A:2980ドル 2人部屋B:2880ドル    3人部屋:2700ドル

12週間

1人部屋:5010ドル 2人部屋A:4470ドル 2人部屋B:4320ドル 3人部屋:4050ドル

上記の料金は語学学校の正規授業料になります。USドル表記の場合、支払日の為替レートに従って日本円に換算し、入学日の1カ月前までにお支払い頂きます。授業料には、留学中の宿泊施設費と食費(1日3食)が含まれています。

 

CIPはクラークにある語学学校で、ネイティブ講師とフィリピン講師による質の高い授業を開学の2007年より提供し続けてきました。日本人生徒のみならず、アジア、ロシア、ヨーロッパ、中東、南米等の全世界からの生徒を受け入れ、語学教育を行なってきた実績と人気のある学校です。その根拠として、CIPはIALCアメリカ国際言語協会承認、LCCI(ロンドン商工会議所)ビジネス公認試験センター、IELTS公認レビューセンターとして日常英会話からIELTS・TOEFL・TOEICテスト対策(点数保証コース含む)、ビジネス英語、ジュニア・親子留学まで長年の学校経営のノウハウで幅広く対応しています。

 

3 PINES

PINESクイサン校

「学校名」

PINES(パインス)

「地域」

バギオ

「コース」

Power ESL

マンツーマンクラス4時間、グループグラス4時間、オプションクラス1~3時間

「料金」

8週間

1人部屋:34万6000円 2人部屋:30万6000円 3人部屋:28万6000円    4人部屋:26万6000円

12週間

1人部屋:51万9000円 2人部屋:45万9000円 3人部屋:42万9000円 4人部屋:39万9000円

上記の料金は語学学校の正規授業料になります。上記の金額を入学日の1カ月前までにお支払い頂きます。授業料には、留学中の宿泊施設費と食費(1日3食)が含まれています。

 

PINESは元祖スパルタ校としても知られており、2001年に設立された歴史のある学校です。講師、カリキュラム、スタッフ、設備などのトータルを見ても、洗練された運営方法やノウハウが実践されていて、老舗校としてのメリットを十分に発揮させています。PINES INTERNATIONAL ACADEMYは、超初級~中級向けキャンパスの「クイサン校」と中級~高級向けキャンパスの「チャピス校」の2つの校舎があります。クイサン校では、初級から中級(レベル5,6)までの生徒を対象にし、初級者には英語の苦手意識を失くす事を目的にして初心者専用のキャンパスを設け、同じような英語のレベルの生徒達が気兼ねなくコミュニケーションできる環境創りと英語に興味を持ち好きになるような独自のカリキュラムを用意しています。中級キャンパスでは、英会話の基礎にあたるパターンを通して、より英語への自信を付けていくカリキュラムが組まれています。また学園都市・山岳地帯にあるバギオに位置する語学学校なので真面目に勉強に努めることができます。

 

 

TOEICコースorビジネスコース推奨校

TOEICコースでは、TOEIC資格対策を授業の大半で行うことによってハイスコア取得を目指すコースです。1日7~8時間の授業では、ビジネス・TOEICに関するリーディング・リスニングをメインに学習し、問題集や模擬試験を受けて問題傾向を掴みます。全ての授業はもちろん英語で行うので、英語でTOEICを学ぶことによって英語力とTOEICスコアアップが狙えます。ビジネスコースでは、実際のビジネスのシチュエーションに応じた対応やE-mailの作成など、実践的なビジネス英語を学ぶことができます。以下の語学学校は「e-student」が100校ある語学学校の中から厳選したTOEICコースorビジネスコース推奨校です。以下の学校では、TOEIC990点を持つカリスマ講師からビジネス経験のある講師まで、専門に強みを持つ講師が揃っています。そのような優秀な講師陣とマンツーマンもしくは少人数グループクラスを受講することが出来ます。

 

1 C&C

C&C

 

「学校名」

C&C

「地域」

イロイロ

「コース」

TOEIC Original

マンツーマンレッスン4時間、グループクラス3時間、義務自習2時間

「料金」

8週間

1人部屋:3240ドル 2人部屋:2820ドル 3人部屋:2660ドル 4人部屋:2500ドル

12週間

1人部屋:4860ドル 2人部屋:4230ドル 3人部屋:2660ドル 4人部屋:3750ドル

上記の料金は語学学校の正規授業料になります。USドル表記の場合、支払日の為替レートに従って日本円に換算し、入学日の1カ月前までにお支払い頂きます。授業料には、留学中の宿泊施設費と食費(1日3食)が含まれています。

 

C&Cはフィリピンのイロイロ市に位置するTOEICコースに定評があるセミスパルタ校です。講師陣は最低TOEIC900点を取得している人たちだけで、毎月講師にテストを受けさせる他、トレーニングを定期的に行うなどして高いレベルの講師が多く在籍しています。さらに、C&Cの講師の中には数名TOEIC満点を取得している人もいます。国内トップクラスの講師達が長年に渡って、数多くの高得点取得者を輩出してきました。当校は学園都市としても知られる「イロイロ市」に位置しているので、治安も良くとても勉強に集中できる環境にあります。

 

フィリピン(C&C)にいる「TOEICの神様」オデに徹底取材!オデが留学生に伝えるメッセージとは…

 

2 CIA

CIA

「学校名」

CIA

「地域」

セブ島

「コース」

TOEIC

「料金」

8週間

Premium部屋:4100ドル 1人部屋:3900ドル 2人部屋:3300ドル 3人部屋:3100ドル

12週間

Premium部屋:6150ドル 1人部屋:5850ドル 2人部屋:4950ドル 3人部屋:4650ドル

上記の料金は語学学校の正規授業料になります。USドル表記の場合、支払日の為替レートに従って日本円に換算し、入学日の1カ月前までにお支払い頂きます。授業料には、留学中の宿泊施設費と食費(1日3食)が含まれています。

 

CIAはセブ島にある人気の語学学校で、2003年より学校運営をしてきた老舗校です。TOEICコースに定評があり数多くの実績もあります。TOEIC・資格対策コースに強いことで知られていますが、その他にも250人規模の生徒のニーズに応えるために多彩なコースがあります。セミスパルタ式カリキュラムを実施し、学習に最適な環境と大規模な生徒数を生かした交流アクティビティを通して、効率的な英語力アップを図ることができます。またセブ島のシティ側に位置する学校で、立地も良く、レストランやショッピングモールからも近いです。セブ島という環境にあるが、リラックスもできしっかりと学習に集中できる学校です。

 

3 AELC

AELC(センター1)

「学校名」

AELC

「地域」

クラーク

「コース」

TOEIC一般コース

マンツーマン4時間(ネイティブ1時間、フィリピン人3時間)、グループ2時間(ネイティブ2時間)

「料金」

8週間

1人部屋:3300ドル 2人部屋:3000ドル

12週間

1人部屋:4950ドル 2人部屋:4500ドル

上記の料金は語学学校の正規授業料になります。USドル表記の場合、支払日の為替レートに従って日本円に換算し、入学日の1カ月前までにお支払い頂きます。授業料には、留学中の宿泊施設費と食費(1日3食)が含まれています。

 

AELCはクラークにある人気の語学学校で、ネイティブによる質の高い授業を受けることができます。日本人生徒の受け入れ実績も数多くあり、TOEICコースにも評判があります(TOEIC公式試験会場あり)。また、オーストラリアにある大学と提携し語学留学後のステップアップのサポートも行っており、日常英会話・試験対策・アカデミック英語に対応できるカリキュラムが整っています。当校にはネイティブの先生がたくさんいるので、TOEIC強化だけでなく日常英会話力・ネイティブ英語もしっかりと学ぶことができます。

 

 

フィリピンインターン先


adobestock_116751204

 

本プログラムにおいてフィリピンでインターンシップを行うのは、現地にある語学学校です。中でも「e-student」と提携している実績のある学校です。多国籍のスタッフやフィリピン人スタッフと同僚として、1日4時間、日本人学生スタッフとして業務をこなすことによって、グローバルな環境で磨かれるスキルと日本的なビジネス感覚を磨くことができます。また現地の人達とのコミュニティが広がり易く、ローカルな体験ができます。さらに、インターンでの待遇は、1日4時間分の授業無料提供、宿泊費と食費を免除、生活管理費やビザ代の支給などと好待遇です。

 

業務

インターン生の主な業務は以下です。

 

・日本人生徒への対応

・ブログ記事やコンテンツ作成

・ピックアップ

・その他

 

日本人生徒の対応は、オリエンテーション、新入生の買い物同行、病院の付き添いなどがあります。日々のイベントやトラブルにはインターン生が積極的に関わることが多いです。

ブログ記事やコンテンツ作成に関しては、学校の更新情報(イベントや日々の様子)を学校のブログでアップしたり、ローカル情報をHPでアップしていくお仕事です。

ピックアップは、新入生を空港に迎えにいくというお仕事でインターン生がそれを行うことがあります。ピックアップは肉体的に疲れることがあるので、ピックアップの仕事があるかないかはしっかりと確認されると良いかと思います。

その他は、上司に頼まれた仕事に柔軟に対応することです。定期試験の答案チェックや新たなに出てくる仕事や課題などに柔軟に対応することが求められます。

 

お申込み方法・お問合せ


estudent-line

 

お申込み・お問合せはLINE@にてご連絡下さい。

 

お申込みは留学入学日の最低2カ月前(3~4ヵ月前推奨)が締め切りとなっております。

 

LINE@にて友だち追加後、本記事を見た旨を伝え「休学プログラム」とご送信ください。

 

その後、カウンセリング・留学プラン・留学手続きのご案内を致します。

 

注意事項

・各語学学校やインターン先によって費用・待遇・規定・条件・特徴などが異なりますので、各個人の留学先やインターン先のそれらをしっかりと理解することが大切です。

・インターンシップとして採用される前(留学中)に、語学学校の責任者と面接をする可能性があります。万が一、採用側の責任ではなく、生徒側の責任(留学中に問題を起こしたもしくは無責任な留学生活を送っている)によって不採用になった場合は、当人に他のインターン先も紹介できなくなる可能性もありますので、ご了承下さい。

・本プログラムは多くの人の協力があって成り立つものであり、また生徒本人は最終的にインターンシップで社会体験を積むということを意識して留学生活を送ることが大切です。

・本プログラムは長期期間(10~12カ月)を要するので、出発日の3ヵ月~4ヵ月前に本プログラムについての相談(カウンセリング)をする事を推奨します。

 

関連記事

  1. english-revolution-program

    「フィリピン英語革命」留学プログラム

  2. フィリピン「TOEIC留学プログラム」

  3. ライター留学プログラム

  4. フィリピン超短期留学プログラム

  1. リピーターが続出!フィリピン英語留学の「7つの魅力」とは?

    2018.01.14

  2. フィリピン留学のよくあるコースと珍しいコースを解説【7選】

    2018.01.08

  3. もはや過保護?フィリピン留学の学習環境が整い過ぎてる件。

    2018.01.07

  4. え、マニラに留学するの?治安とか大丈夫なの?【2018年最新】

    2018.01.05

  5. こんな国からも?フィリピン留学に来る外国人国籍BEST9!

    2017.12.24

カテゴリー

最新!人気の語学学校ランキングBEST3

  1. 1位

    C21

  2. 2位

    BECI

  3. 3位

    GLANT ESL Academy

  1. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

  2. english-revolution-program

    「フィリピン英語革命」留学プログラム

  3. ライター留学プログラム

  4. フィリピン超短期留学プログラム

  1. CIA

  2. C&C

  3. C21

  4. GLANT ESL Academy

  5. BECI