日本じゃありえない!フィリピンあるある14連発

>

 

「フィリピンあるある」をまとめました。留学生の間でよく話題になることを14連発したいと思います。フィリピン人、文化、生活の3つに分けてご紹介します!フィリピン経験者ならきっと共感してくれるはず。これから現地に行く予定がある方はぜひ参考にして下さいね。

 

フィリピン人あるある

 

 

1 だいたいが大家族

 

フィリピン人の友達や先生に「何人家族いるの?」と聞くと大体の人が大家族出身です。2015年のフィリピン出生率は2.94です。一方で、同じ年で日本のデータは1.46という数字を示しています。単純計算すると倍の数になりますが、2倍って凄いですよね(笑)

 

2 ゲイがかなり多い

 

日本で身の回りにゲイの方がいることは少ないと思いますが、フィリピンでは結構見かけることが多いです。ある語学学校の男性講師陣は9割がゲイ、1日に一回ゲイと遭遇する、などという声が日本人留学生から寄せられました。

 

豆知識として、フィリピンではゲイの方達は才能のある人が多く、ユーモアセンスがあるというのが一般認識です。ちなみに、今年に行われた世界一イケメンなゲイを決める「Mr. Gay World 2017」では、フィリピン人の方が優勝しました。

 

3 時間にルーズな割には待たされるのが苦手

 

フィリピン人は時間にルーズです。個人差はありますが、遅刻するのは当たり前と言っても過言ではありません。しかし、いざ自分が待たされる立場となると機嫌が悪くなります。日常生活においてもその片鱗を見ることができます。

 

例えば、エレベーターを待っている時。日本であれば降りる人を先に通してくれますが、降りる人を待たずに自分が先に乗ろうとする人が多いです。ぼくはこのせいで、フィリピン人と衝突しそうになった事が何回もあります。

 

4 フィリピン人は無類のカラオケ好き

 

フィリピン人はカラオケを愛しています。現地には至る所にカラオケボックスが点在していて、簡易で歌える施設もある程です。彼らは時間、場所を問わずに歌います。ショッピングモール内にある音楽コーナー付近には、必ずカラオケボックスがあります。また、夜中の住宅街に耳を澄ませば誰かしらの歌声が聞こえてきます。

 

5 歌唱力が本気でパナイ

 

そして、彼らフィリピン人の歌唱力はプロ並みに上手いです。もちろん個人差はありますが平均的にレベルが高いですし、逸材も見かけることがあります。現地のショッピングモールに良く行く人なら共感してくれるはずです。人目も気にせずモールで歌っている現地人の歌声は、BGMとさほど変わりがありませんよね。

 

フィリピン文化あるある

 

6 とりあえず何でも味付けが甘い

 

フィリピンでは甘口の味付けが好まれます。食べ物、調味料、飲み物までスイートなテイストが多いです。特によく日本人から反応があるのがお茶系のドリンクです。アイスティー、紅茶、お茶にどれだけ大量の砂糖が入っているのか、想像すらつきません。常夏の国だからそれだけの糖分が必要なのでしょうか。

 

7 ジョリビーの人気度が神ってる

 

フィリピン発祥のファーストフード店「Jolibee」。このジョリビーを知らない人は現地には一人もいません。病み付きになるチキンや甘口のパスタ、一度目にしたら一生忘れることはない「Mr. Jolibee」(ジョリビー君)。

 

もちろん子供世代からの人気は絶大ですが、幅広い世代から愛されています。マクドナルドが唯一勝てなかったチェーン店としても名高い「ジョリビー」は2018年に日本進出も予定しています。

 

8 クリスマスの盛り上がりが半端ない

 

正直、フィリピンのクリスマスシーズンの盛り上がりは日本のものと比べものになりません。国民の大半がキリスト教を信奉していることもあり、クリスマスは国内で最も大切なイベントとされています。

 

現地では9月からクリスマスシーズンが始まり(笑)1月まで続きます。ということは、1年の半分もクリスマス気分が味わえるということになります。

 

9 クーラーが効き過ぎて普通に寒い

 

これは多くの方が共感していることです。とにかく常夏「フィリピン」ではクーラー(エアコン)が多用されます。クーラーを使うことに関して問題はないのですが、とにかく温度設定が低すぎます。モール、バス、カフェなどに長居する場合は上着が必要です。本当に彼らの温度調節のセンスを疑います。

 

フィリピン生活あるある

 

 

10 渋滞のレベルが尋常じゃない

 

フィリピンの渋滞は並み大抵ではありません。特に首都マニラの人口密度は東京23区の4倍もあるので、交通量が尋常じゃないです。また、インフラ整備もそこまで進んでいませんし、車の所有者もかなり多いという実情もあります。とりわけ、マニラとセブの渋滞は酷いです。

 

11 ジプニーの乗り方が難しくて移動手段はほぼタクシー

 

フィリピン庶民の足となっている乗り合いバス「ジプニー」。特定の行き先と経由が決まっていて、そのルート内であれば自分の好きなタイミングで降りることができるので便利です。そして、特筆すべきが初乗り運賃7ペソ(約15円)という破格の値段です。

 

しかし、フィリピン初心者にとって易しい乗り物とは決して言えません。ジプニー自体の数も多く、行き先や経由場所も各車体によって異なります。そして最終的に、ジプニーを諦めた日本人はだいたいタクシーを利用するというのがあるあるです。

 

12 大気汚染を疑うほどの排気ガス量

 

フィリピンの排気ガス量って半端ないですよね。これもまた、交通量と人口が多いマニラやセブ島で甚だしいです。特にジプニーが黒い煙を巻き上げているのを目撃すると大気汚染が心配になります。

 

13 虫の多さには流石に参る

 

フィリピンに留学している日本人からよく虫の話を聞きます。寮で蟻が大量発生した、あちこちでトカゲやゴキブリが徘徊している、蚊に刺されてデング熱にかかった、などなど。虫もそうですが、そこら中にいる野良猫や野良犬を見てびっくりされる方も多いようです。

 

14 原因不明の体調不良がよく起こる

 

これも留学生の間で話題になるのですが(笑)慣れない環境ということもあり現地で体調を崩してしまう人が多いです。水、食事、感染などの原因が一般的かと思いますが、中には「何で体調が悪いの?」と原因が全く分からないという場合も多々あります。

 

おわりに

どうでしたか?今回はフィリピンあるあるを14連発、ご紹介しました。「あるある」と共感できるものがあったのではないでしょうか。また、これからフィリピン留学もしくは旅行で行く方にとっては、心の準備ができるのでは?(笑)

 

The following two tabs change content below.
りょーた
高校生の時に行った2か月間のフィリピン留学でTOEIC900点を取得し、大学2年時にはマニラにあるデ・ラ・サール大学に交換留学する。20才の時に、学生に特化したフィリピン留学エージェント「e-student」を設立。これまでにフィリピンの語学学校を10地域・80校以上視察、3校に留学経験あり(セブ島、イロイロ)。専攻は第二言語習得法。詳しいプロフィール(http://kr-ryota.com/profile)

By

留学経験者に相談してみよう!

「もっと留学のリアルな話が聞きたい」「フィリピンの治安は大丈夫なの?」「相談をしたいけど誰にして良いかわからない」

フィリピン留学に不安はつきもの。そんな時は留学を経験したことがある「先輩たち」に相談してみるのが一番の解決策。10人いる「e-student」のメンバーが親身になってあなたの疑問に答えます!

announceimg

カテゴリー