CIP

 

CIPはクラークにある語学学校で、ネイティブ講師とフィリピン講師による質の高い授業を開学の2007年より提供し続けてきました。日本人生徒のみならず、アジア、ロシア、ヨーロッパ、中東、南米等の全世界からの生徒を受け入れ、語学教育を行なってきた実績と人気のある学校です。その根拠として、CIPはIALCアメリカ国際言語協会承認、LCCI(ロンドン商工会議所)ビジネス公認試験センター、IELTS公認レビューセンターとして日常英会話からIELTS・TOEFL・TOEICテスト対策(点数保証コース含む)、ビジネス英語、ジュニア・親子留学まで長年の学校経営のノウハウで幅広く対応しています。

 

 

CIPのおすすめポイント

・ネイティブ講師が多い、講師全員がTESOL保持

・バランスの取れた国籍率(日本人30パーセント)

・多国籍(韓国、台湾、ベトナム、中国、香港、タイ、スペイン、ロシア、ポーランド、ドイツ、コロンビア、ブラジル、サウジ諸国等)

・ネイティブとフィリピン人講師からバランス良く授業を受けられる

・ワーホリや2か国留学の方にもおすすめ

・学校内のアクティビティが豊富

・実用的な英語力を伸ばせる

・学校内でも自然に英語でコミュニケーションできる環境

・TOEICやIELTSコースにも強い

・経験豊富な日本人スタッフ

 

CIPの基本情報


CIP LOGO

 

学校名 CIP
設立年度 2007年
住所  Lots 18 & 19 block 37 Kamatigue st. cutcut. Angeles city, Philippines
認可 SSP認定校、TESDA認定校
規模 100人
オーナー 韓国人
コース ESL、TOEIC、IELTS、TOEFL、ビジネスコース等
ネイティブ講師 12名
日本人スタッフ あり
日本人の割合 約30%
学校設備 食堂、体育館、売店、自習室、プール、ベンチ、バスケットコート、学生ヘルプデスク、WIFI(全個所)、
宿泊施設 内部寮(1人部屋~3人部屋)、WIFI、冷蔵庫、机、椅子、温水シャワー、ベッド、タンス、アナログTV、トイレ、
周辺環境 トライサクルを利用して約8分で大きいモールに着きます。そのモールの近くにレストランやスターバックスもあります。
門限 23時(月~木)、1時(金土)
備考  

 

 

CIPの特徴


CIP OFFICE

 

 

CIPはクラークにある語学学校で、ネイティブ講師とフィリピン講師による質の高い授業を開学の2007年より提供し続けてきました。日本人生徒のみならず、アジア、ロシア、ヨーロッパ、中東、南米等の全世界からの生徒を受け入れ、語学教育を行なってきた実績のある学校です。その根拠として、CIPはIALCアメリカ国際言語協会承認、LCCI(ロンドン商工会議所)ビジネス公認試験センター、IELTS公認レビューセンターとして日常英会話からIELTS・TOEFL・TOEICテスト対策(点数保証コース含む)、ビジネス英語、ジュニア・親子留学まで長年の学校経営のノウハウで幅広く対応しています。

 

CIP Natives
また多くのネイティブ講師を中心に授業を提供しており、CIPではネイティブ講師、フィリピン人講師の両方から英語を学び、より効率的に自然なスピーキング力を身につけることができます。ネイティブ、フィリピン人講師陣はTESOL(英語教育者としての国際資格)を取得しており、プロの英語講師として活躍しています。英語を教える際に、ネイティブスピーカーの役割が大切なのは明らかです。 しかしノンネイティブの教師も、非常に優れた正確なグラマースキルをもっており、すばらしい授業スタイル、ノウハウを備えています。ただ中級以上の英語レベルを求める方には十分ではないこともあります。欧米文化と生活を土台にしていない英語は‘生きている英語’になれないからです。日本語が上手な外人から日本語を習っても限界があるのと同じことです。 そのため、英語を勉強する人なら、必ずネイティブスピーカーによる発音とたくさんの用例からのニュアンスと実用表現の学習教育を受けなければなりません。
CIP Filipino with a Spanish

 

世界中から学生が集まる国際色随一のCIPには日本以外に韓国、台湾、ベトナム、中国、香港、タイ、スペイン、ロシア、ポーランド、ドイツ、コロンビア、ブラジル、サウジ諸国からの学生の受入実績があり、講師人(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、フィリピン)を含め校内はインターナショナル、フィリピン英語学校ではかなり珍しい多国籍英語学校としてトップレベルの教育機関です。また学校独自で開発したオンラインテストを受験頂くと入学初日の1限目から正規授業が開始され、より多くの学習時間を提供しています。

 

CIPの評価基準となるレベルは13つに細分化されていて、レベルの基準は公式スコアに基づいたものになっています。レベルは、毎月実施される評価やテストにより調整されます。各レベルの英語力と予想される公認試験スコアは次の通りです。

レベル

Level Description & Conversion Score

701

堪能なレベル。 聞いたまたは読んだ内容を完全に理解できます。 非常に良い読解とボキャブラリーを持っており、容易に長くて複雑な話しやテキストを理解できる能力を持っています。 学生は、ネイティブスピーカーと同様の感覚で非常に流暢で正確です。
IELTS : 9 – 8.5
TOEIC:990 – 987
TOEFL:IBT 120 – 116分/ PBT 677 – 663

601

要求の厳しい、長い文章の広範囲を認識し、理解することができます。社交的な集まり、学校、および専門的な単語を必要とする会話の中で、自発的に自分自身を表現できます。英語での技術的なスキルは平均以上です。
IELTS:8
TOEIC:986 – 984
TOEFL:IBT 116 – 114/ PBT 660 – 650

501A

このレベルは、英語のあらゆる面で既に巧みであります。そして、簡単かつ自由に最小限のミスで会話することができます。彼らは英語の会話を維持し、それに応じ対応することができます。
IELTS:7.5
TOEIC:983 – 981
TOEFL:IBT 113 – 111 / PBT 647 – 640

501

より複雑で抽象的な英語(ビジネス英語)の技術的側面が理解できます。プロの世界で容易に英語を使用でき、情報を交換することにおいて非常に落ち着いてネイティブスピーカーと会話をすることができます。
IELTS:7 – 6.5
TOEIC:980 – 855
TOEFL:IBT 110 – 96/ PBT 637 – 594

401A

このレベルは501レベルとほぼ同等にあります。会話をするための学生の能力は優れています。一般的な話題をするときに最小限の分法の間違いくらいで、リスニングと語彙は、基礎水準を超えています。
IELTS:6
TOEIC:845 – 815
TOEFL:IBT 94 – 90分/ PBT590 – 576

401

会話の概念を理解し、自分の意見を他人に伝えることができます。このレベルは旅行の際、ネイティブスピーカーに対応できるでしょう。学生は簡潔にその人の個人的な経験が表現できます。
IELTS:5.5 – 5
TOEIC : 805 – 705
TOEFL:IBT 88 – 74/ PBT 573 – 537分

301A

英語の基本的な知識に関しては平均以上です。容易に通信し、基本的な表現を駆使することで容易に会話ができ、その返答の仕方も知っています。
IELTS:4.5
TOEIC:695 – 610
TOEFL:IBT 72 – 64 / PBT 533 – 507

301

学生の英語の知識はボキャブラリー、グラマー、スピーキング、リスニング、およびライティングがまだ基本です。 そして単文、質問、および基礎英語情報が理解できます。 コミュニケーションはまだ制限されていますが、英語の理解を簡単な単語で理解することができます。よく使われる表現で日常英会話ができます。
IELTS:4 – 3.5
TOEIC:600 – 495
TOEFL:IBT 62 – 51 / PBT 503 – 467

201A

このレベルはすぐ201を超えたばかりで、、簡単なフレーズを理解することができます。 場面の状況や質問への簡単な応答ができます。
IELTS:3分
TOEIC:485 – 400
TOEFL:IBT 49 – 41 / PBT 463 – 440

201

一般的な表現とシンプルなフレーズが使え、そして英語の基本的な知識を持っているレベルです。
IELTS:2.5
TOEIC:390 – 335
TOEFL:IBT 39 – 31 / PBT 437 – 413

101A

学生は、難しいながらも簡単な文章を理解することができます。十分な理解を得るために繰り返し勉強する必要があります。
IELTS:2
TOEIC:325 – 250
TOEFL:IBT 29 – 21 / PBT 410 – 363

101

英語に関する知識が非常に制限されているレベルです。知識に関してはまだほとんど持っていない状態です。
IELTS:1.5
TOEIC:240 – 185
TOEFL:IBT 19 – 11 / PBT 360 – 340

100

英語レベルはゼロに等しく、英語の知識がないレベルです。
IELTS:1
TOEIC:175 – 0
TOEFL:IBT 9 – 0 / PBT 337 – 310

 

そしてCIPは学校内や学校外でのアクティビティがとても盛んで、そこで多くの学生が交流を重ねています。校内では、CIPの大きな体育館でバスケットボール、バトミントン、バレーボールやバスケなどをしながら生徒や先生と混ざって汗を流したり、プールに入って涼むことができます。校内にあるカフェや休憩所と友達と漫談ができるような工夫もされています。そのような日頃のアクティビティに加えて、校内でBBQ、プールパーティ、スポーツ大会などの大きなイベントを定期的に行っています。さらに、校外ではボランティア活動をはじめ、スクールトリップ等も主催しています。このような日頃のアクティビティを通して、様々な生徒や先生と日頃から英語で意思疎通できるチャンスが多くあります。

 

cip-dormitory

CIPの宿泊施設は全て内部寮(1人~3人部屋)になります。以下が宿泊設備のリストです。

場所

学校敷地内に位置

部屋タイプ

1ベッドルーム、2ベッドルームA,2ベッドルームB,3ベッドルーム/合計50部屋

部屋の設備

机、いす、スタンドライト、ベッド、ブランケット、就寝用照明、棚、フラットスクリーンTV,DVDプレーヤー、鏡、エアコン、お手洗い、インターネット

その他の施設

スイミングプール、屋外休憩所、フィットネスエリア、卓球、カフェテリア、CCTV、警備員(24時間)

 

コース/授業料


 

プログラム

レギュラークラス

Premium course 1:1ネイティブ4時間 + ネイティブグループ4時間 + Sundayオプション
集中コース

A

1:1ネイティブ2時間 + 1:1ノンネイティブ3時間 + ネイティブグループ4時間 + Sundayオプション

B

1:1ネイティブ2時間 + 1:1ノンネイティブ1時間 + ネイティブグループ4時間 + Sundayオプション

C

1:1ネイティブ1時間 + 1:1ノンネイティブ3時間 + ネイティブグループ4時間 + Sundayオプション

D

1:1ネイティブ1時間 + 1:1ノンネイティブ1時間 + ネイティブグループ4時間 + Sundayオプション
Start learner 1:1ノンネイティブ 5時間 + ネイティブグループ4時間 + Sunday オプション
TOEIC/ TOEFL 1:1ノンネイティブ 4時間 + ネイティブグループ4時間 + Sunday オプション
IELTS 1:1ノンネイティブ 4時間 + ネイティブグループ4時間 + Sunday オプション
ビジネス + LCCI 1:1ネイティブ2時間 + 1:1ノンネイティブ2時間 + ネイティブグループ4時間 + Sundayオプション
Young learners A 1:1ネイティブ2時間 + 1:1ノンネイティブ3時間 + ネイティブグループ1時間 + Sundayオプション
Young learners C 1:1ネイティブ1時間 + 1:1ノンネイティブ4時間 + ネイティブグループ1時間 + Sundayオプション

 

各授業は45分間行われ、マンツーマン授業は平均で5時間提供されます。 また、スモールグループ授業ではアメリカ人、イギリス人のネイティブ講師によって授業を行います。 以下4週基準の料金授業料のみの金額です。また、通貨はUSドルになりますので、レートの変動により日本円の総額が左右されます。

コース

カリキュラム

4週費用

Intensive A ネイティブ1:1 2時間 + フィリピン人1:1 3時間 + ネイティブグループ 4時間 + 日曜オプション(90分)

$1,150

B ネイティブ1:1 2時間 + フィリピン人1:1 1時間 + ネイティブグループ 4時間 + 日曜オプション(90分)

$980

C ネイティブ1:1 1時間 + フィリピン人1:1 3時間 + ネイティブグループ 4時間 + 日曜オプション(90分)

$850

D ネイティブ1:1 1時間 + フィリピン人1:1 1時間 + ネイティブグループ 4時間 + 日曜オプション(90分)

$650

Intensive Premium ネイティブ1:1 4時間 + ネイティブグループ 4時間 + 日曜オプション(90分)

$1,500

Start Learner フィリピン人1:1 5時間 + ネイティブグループ 4時間 + 日曜オプション(90分)

$780

IELTS/TOEIC/TOEFL フィリピン人1:1 4時間 + ネイティブグループ 4時間+ 日曜オプション(90分)

$900

IELS 5.5/6.5点数保証 フィリピン人1:1 4時間 + ネイティブグループ 4時間+ 日曜オプション(90分)

$950

TOEIC 700/900点数保証 フィリピン人1:1 4時間 + ネイティブグループ 4時間+ 日曜オプション(90分)

$950

TOEFL 85/100点数保証 フィリピン人1:1 4時間 + ネイティブグループ 4時間+ 日曜オプション(90分)

$950

Premium Business ネイティブ1:1 2時間 + フィリピン人1:1 2時間 + ネイティブグループ 4時間 + 日曜オプション(90分)

$1,350

ジュニア A ネイティブ1:1 2時間 + フィリピン人1:1 3時間 + ネイティブグループ 2時間

$1,200

ジュニア B ネイティブ1:1 1時間 + フィリピン人1:1 4時間 + ネイティブグループ 2時間

$900

ジュニア C ネイティブ1:1 1時間 + フィリピン人1:1 3時間

$700

English for Guardian フィリピン人1:1 3時間 + ネイティブグループ 2時間

$500

English + Golfレッスン ネイティブ1:1 1時間 + ネイティブグループ1時間 + フィリピン人1:1 2時間 + Golfレッスン(午前)

$1,060

以下は宿泊費のみの料金です。宿泊費は食事、ランドリー、シャトルバス、プール、フィットネス施設などの付帯費用の料金が含まれています。

施設

紹介

部屋タイプ

4週費用

Rain Forest リゾートタイプのドミトリー(机、椅子、スタンド、ベッド、プランケット、サイトテーブル、照明、棚/本棚、フラットTV、DVD Player(無料レンタル)、鏡、エアコン、トイレ、無線インターネット、プール)
Aタイプの部屋はプールが眺望できます。

1人部屋

$820

2人部屋 A

$640

2人部屋 B

$590

3人部屋

$500

 

授業料に含まれない現地で必要な費用

 

項目

費用

入学金 100ドル
SSP 6,500ペソ
ACRI-card 3,000ペソ(8週以上から必要)
寮保証金 3,000ペソ(卒業時返金)
教材費 150~500ペソ(1冊)
水道代 1週150ペソ、4週600ペソ
電気代 1人部屋1,700ペソ、2人部屋1,200ペソ、3人部屋1,000ペソ(4週基準)
100ワットを超えれば1ワットごとに12ペソ追加
ピックアップ マニラ空港 50ドル(第2、第4土曜日は20ドル)、クラーク空港 20ドル
センディング 3,000ペソ、団体は他の方と折半できます(VANは3,500ペソ)。
クラーク空港までは350ペソ、Dauバスターミナルは400ペソ
延泊費用 1泊 1,000ペソ。1人部屋は1泊1,500ペソ(宿泊、食事込)、最大3日まで延長
 
SSPとビザ
CIPは入国管理局の認証(AFFS No. MCL-2007-180)及びTESDA(TESDA NTR No. 0703050222)により正式に認可された英語学校です。
日本人学生は、 フィリピンで30日間無査証短期滞在が可能で、現地でビザを延長することができます。 フィリピンで留学されるすべての学生は期間に関係なくSSP(Special Study Permit、特別就学許可証)の取得が必要です。

留学期間

ビザ延長

費用

入学してから30日

ノービザ

なし

5~8週間 / 入学してから59日

1回目

3,630ペソ

12週間 / 入学してから89日

2回目

4,900ペソ

16週間 / 入学してから119日

3回目

3,130ペソ

20週間 / 入学してから149日

4回目

3,130ペソ

24週間 / 入学してから170日

5回目

3,130ペソ

留学スタートと同時にSSPを申し込みます。ACR I-Cardは8週間以上滞在する場合に必要です。

SSP取得費用は6,500ペソ、ACR I-Cardの申請費用は3,000ペソです。

関連記事

  1. 3D Academy

  2. アイザック(パインスクラーク)

  3. CPILS

  4. PALETTE SCHOOL(パレットスクール)

  5. CDU ESL Center

  6. AELC(センター1)

  1. リピーターが続出!フィリピン英語留学の「7つの魅力」とは?

    2018.01.14

  2. フィリピン留学のよくあるコースと珍しいコースを解説【7選】

    2018.01.08

  3. もはや過保護?フィリピン留学の学習環境が整い過ぎてる件。

    2018.01.07

  4. え、マニラに留学するの?治安とか大丈夫なの?【2018年最新】

    2018.01.05

  5. こんな国からも?フィリピン留学に来る外国人国籍BEST9!

    2017.12.24

カテゴリー

最新!人気の語学学校ランキングBEST3

  1. 1位

    C21

  2. 2位

    BECI

  3. 3位

    GLANT ESL Academy

  1. english-revolution-program

    「フィリピン英語革命」留学プログラム

  2. ライター留学プログラム

  3. フィリピン超短期留学プログラム

  4. フィリピン休学プログラム【留学×インターン】

  1. CIA

  2. Cebu Blue Ocean Academy(セブブルーオーシャンアカデミー)

  3. C&C

  4. BECI

  5. C21