CIAの日本人留学生にインタビュー「18才で半年間のフィリピン留学を決断」

> >

 

 

セブ島にある老舗校「CIA」に留学したAyumiさんにインタビュー。 18才の時にフィリピン英語留学を決意し、英語力0の状態から4カ月間ESLコースを学ぶ。その後にCIAでの留学を延長して2カ月間TOEICコースを受講し、TOEIC600点を取得。

 

インタビュー時期:2017年2月

 

 

高校卒業式の翌日にフィリピン留学へ

 

 

―留学して約5カ月が過ぎたとお聞きしましたが、高校を卒業してフィリピン留学をする事を決めたんですか?

 

高校の卒業式の翌日にフィリピンへ出発しました(笑)

 

―素晴らしい行動力ですね(笑)ちなみにフィリピン留学をしようと思ったきっかけは?

 

私の母がブラジル国籍で、ポルトガル語を話せることもあり以前から外国語に対しての興味がありました。ブラジルにも1カ月ほど滞在したこともあって、外国語が話せれば色んな可能性が広がるかなって思ったのが始まりです。

 

でもポルトガル語を習得する前に、もっと広い世界で通じる英語を身につける方が自分の将来のためにも役に立つと思い始めました。

 

 

―それで英語留学しようと決意したんですね。でもなぜフィリピンを選んだのですか?

 

留学費用は高校生の時にアルバイトで貯めたお金だけでやりくりしようと考えていたので、どうしても留学できる国は限られていました。母からはイギリスに留学して欲しいと言われましたが、ネットで色々と情報収集をしていたらフィリピン英語留学の存在を知りました。

 

最初は親の反対もありましたが、授業料の安さとマンツーマン主体の授業スタイルが魅力的で、最終的にCIAで4カ月間のフィリピン留学をすることに決定しました。

 

親からフィリピン留学を反対された

 

―自分自身で留学費用を賄おうとしていたんですか。たとえフィリピン留学でも4ヵ月分の授業料を全て自分で用意するって本当に凄いことだと思います。でもフィリピン留学することに対して親御さんからの反対があったのですか?

 

はい。治安の問題もそうですし、授業料も他国留学と比べてかなり安かったので教育の質に対しての不安が大きかったそうです。でも親からの承認をもらえるように、留学エージェントの説明会やカウンセリングに一緒に行って、フィリピンへの理解を深めていきました。

 

自分(子供)から説得するだけではなく、フィリピン留学市場の専門家からの意見やお話を伺う方が、より親を安心してあげられると思います。

 

―確かにそうだと思います。よく僕も親御さんの反対があってなかなか留学プランが立てられないという相談を受けます。そういう時はお子さんだけではなく、留学経験者やフィリピン留学に精通している人の意見に耳を傾けるのが最善だと感じます。それで無事にフィリピンに出発できたんですね。

 

 

英語力0からTOEIC600点へ

 

(CIAの多国籍な留学生達との思い出)

 

―ちなみに留学前から英語の勉強はしていましたか?

 

いえ、英語は全然出来ませんでした。だからその分不安も大きかったですし、自分の英語力は特に心配でした。でも3カ月くらいCIAのESLコースで一般英会話を学んだら、ある程度の日常英会話はできるようになりました。

 

―英語力0の状態での留学はとても不安だと思います。CIAでは4カ月間ESLコースを勉強したのですか?

 

4カ月間、CIAのESLコースを学びました。CIAでは色んな国籍からの留学生が在籍しているので、学校外だけではなく学校内でも自分の英語力の上達が実感できました。旅行はあまりできませんでしたが、日本人生徒も含め多国籍の留学生との出会いが一番の想い出です。

 

それで、英語力をもっと上達させたいという気持ちも強かったので、さらに2カ月間CIAで英語の勉強をしようと決めました。既に4カ月間ESLコースを学んだので、次は日本でも需要の高いTOEICを勉強するために、TOEICコースを受講しました。

 

―最終的に英語力はどの程度上がりましたか? 

 

英語力0の状態でこっちに来て、ESLコースを4カ月間勉強する中でTOEIC380点を取得しました。その後、TOEICコースを1カ月受講したら、スコアが200点も上がっていて自分でもびっくりしました(笑)

 

―そんなに上がったんですね!でも長期間、同じ学校にいるとモチベーションの維持が大変だと思います。具体的に行っていた勉強法や工夫はなにかありますか?

 

確かにそうですね。私は気分転換のために、近くのカフェや知らない人だけがいる環境で勉強したりしていました。CIAの近くにJ Centerっていうショッピングモールがあって、その中に何軒かお気に入りのカフェがあったので、よく通っていました。

 

あとCIAは、セミスパルタの学校なので門限や義務自習もありますし、その分、学生も真面目に勉強している人がいるので勉強には最適な環境だと感じます。プールもあって、ジムも併設されているのでリフレッシュには良いと思います。

 

 

インターン生としてCIAに再び

 

―残りの留学期間がもう少しですが、今後のプランは既に決まっていますか?

 

はい。CIAでの留学を終えたら一旦日本に帰国して、TOEIC公式試験をまず受けたいと思います。そして、4月からCIAの学生スタッフとしてインターンシップを行う予定です。 

 

―次はCIAにインターン生として戻るんですか?それはどうしてですか?

 

やっぱりもっと英語を勉強したいという気持ちがあります。あと、今まで自分が長くCIAに滞在して得た経験を少しでも日本人生徒に還元できればと思い、インターンをする予定です。

 

CIAに行けば英語が習得できるという実感があるからこそ、できる決断だと思います。英語力0からのスタートで長い間、CIAで学んできたAyumiさんならきっと皆さんのお役に立てると確信しています!応援しています。本日はありがとうございました!

 

 

The following two tabs change content below.
りょーた
高校生の時に行った2か月間のフィリピン留学でTOEIC900点を取得し、大学2年時にはマニラにあるデ・ラ・サール大学に交換留学する。20才の時に、学生に特化したフィリピン留学エージェント「e-student」を設立。これまでにフィリピンの語学学校を10地域・80校以上視察、3校に留学経験あり(セブ島、イロイロ)。専攻は第二言語習得法。

By

留学経験者に相談してみよう!

「もっと留学のリアルな話が聞きたい」「フィリピンの治安は大丈夫なの?」「相談をしたいけど誰にして良いかわからない」 フィリピン留学に不安はつきものですよね。

そんな時は留学を経験したことがある「先輩たち」に相談してみるのが一番の解決策。10人いる「e-student」のメンバーが親身になってあなたの疑問に答えます!お問い合わせはこちらから

announceimg

カテゴリー

サイト内検索